仕事も子育ても忙しいDUAL世帯に役立つ家電の選び方を、家電コーディネーターの戸井田園子さんが紹介する「共働き『必携』家電の選び方」。今回のテーマは、自分をケアするためのマッサージャーです。忙しい毎日のなか、ついつい自分のことを後回しにしてしまいそうなDUALerに、戸井田さんが警鐘を鳴らします。

「自分リセット」のポイントは、無理なく続けられること

 前回はスキンケアのお話しをしました。今回は「自分リセット」というテーマで、自宅で使えるマッサージャーを紹介したいと思います。

 最近、骨盤ケアが話題になっていますね。出産後、骨盤が変化することは、経産婦の方でしたら既にご存じのことと思います。実は、1日動いただけでも、元の位置からズレてしまうってこと、ご存じでしたか? 骨盤がズレると、その上にある背骨に影響し、姿勢が悪くなりがち。それによって、腰痛・肩こり・冷え・むくみなどの健康トラブルが発生しやすくなります。

 骨盤のズレは、体形にも影響します。骨盤が開いた状態が続くと、内臓が下がっていき、いわゆる「下腹ぽっこり」体形になります。これを治すには、ダイエットだけでは無理。骨盤をしっかりと締めて、内臓を上に持ち上げないと、元には戻りません。こういったことから、今、骨盤ケアが注目されているんです。

 多くの女性が悩んでいる疲れ・むくみ・冷えなどは、体や足のマッサージャーをうまく取り入れれば悩みが軽減するはず。しかし、これも前回のスキンケア同様、一朝一夕でなんとかなるものではありません。毎日コツコツ積み上げていくことが重要なんです。

 ところがDUALerは、毎日の生活が忙しく、とても自分ケアのために時間を確保することなんてできませんよね。そういう人は、いつも通りに生活しながら、毎日続けられるように工夫することが大切。ということで、今回も「ながらケア」できるかどうかに注目し、マッサージャーを選んでみます。

 どんなに忙しいからといって、自分のケアを犠牲にしてしまっては、数年後に後悔することになってしまいます。スキンケアや自分リセットを無理なくできる範囲で続けていくことが、丁寧に暮らすことにつながっていくのです。

次ページから読める内容

  • 骨盤のズレを直し、美しい姿勢と体形を取り戻そう!
  • 疲れた体を癒やすご褒美アイテム
  • 1日よく働いた足にもご褒美を

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る