キッチンをのぞくと、湯気がせいろから上がっています。「できましたよー」と料理研究家の野口真紀さんが言いながら蓋を取ると、蒸しパンが並んでいて花が咲いたよう。「わー!」と取材班から歓声が上がります。
 ホカホカの蒸しパンの作り方を教わっていたはずが、いつの間にか13歳の本気スイマーである長女うたさんのこと、保育園では硬派で通っている5歳の長男たおくんのこと、料理研究家の方々へ深い敬意を抱いていることなど話はどんどん広がっていきます。野口さんのユーモアたっぷりの語り口に、笑いが絶えません。

材料をすべて混ぜたら15分おくのがコツ

野口さん愛用のせいろが活躍
野口さん愛用のせいろが活躍

日経DUAL編集部 一つ一つ、膨らみ方が違うんですね。

野口真紀さん(以下、敬称略) そう、蒸しパンって本当にかわいいですよね。ボウルに材料を全部入れて、ホイッパーでひたすら混ぜていくだけなので、慣れたら5分で準備完了します。粉をふるったりする必要もないですし、本当に簡単ですよ。

 コツは、材料を全部混ぜた後に、15分ほど時間をおくこと。こうすることで生地がなじんで、レーズンも少しふっくらします。そして、スプーンでプリン型に流し入れて15分ほど蒸します。

 ホットケーキミックスでももちろん作れますが、このレシピなら、ミックスを使うまでもないという感じでしょう? 出来上がりの形が作っているときとだいぶ違うので、子ども達は喜びますよ。保育園のイベントなどでも、よくこの蒸しパンは紹介しています。

―― 2006年の書籍『やさしいたのしいこどものおやつ』では、長女のうたちゃんと作っていますね。

野口 そうそう、うたが小さいころはよく一緒に作りました。今日のレシピは黒糖バージョンですので、ミネラルも豊富です。レーズンの代わりにクリームチーズを入れたり、ゴマを入れたり、ベーコンを入れてしょっぱい蒸しパンにしてもおいしいですよ

―― うたちゃんとは今でも一緒に作るのですか?

野口 うたが小さいときは、本人が「やりたい」と言ってきたときは必ず一緒に台所に立って料理をしていました。ところがその後、私が作ったほうがおいしいということに割とすぐに気づいたようで、13歳になる近ごろではちっとも料理をしなくなりました。彼女は今「本気のスイマー」で、頭の中にあるのは泳ぐことだけです。

―― 次ページでレシピを紹介します!

蓋を開けると、おいしい匂いが鼻をくすぐります
蓋を開けると、おいしい匂いが鼻をくすぐります

次ページから読める内容

  • 保育園では“硬派”でも実は食が細い息子
  • 撮影の後は、近所の子ども達やママ友を呼んで夕食
  • 編集していても「つまらないなー」と思う自分がいた
  • 料理研究家に休みはない

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。