A. 男女ともに妊娠率が低下します。難しい場合は禁煙外来へ。

 タバコによる健康への害は皆さんもよくご存じですよね? タバコは、心疾患やがん、慢性的な肺疾患などを引き起こします。そして、生殖機能にも悪影響を及ぼします(*1-5)。例えば、妊娠中の喫煙は早産のリスクを上昇させ、胎児の発育を妨げ、その他の合併症を引き起こします。さらに、自然妊娠と体外受精などの治療のどちらにおいても、喫煙者は男性で10%、女性で11%、妊娠率が低下することが知られています。

 もし今あなたかパートナーがタバコを吸っているのであれば、まずは禁煙しましょう。もし難しいようでしたら、禁煙支援プログラムのある禁煙外来を受診して医師にご相談ください。

*1. Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine. Smoking and infertility: a committee opinion. Fertil. Steril. 98, 1400-1406 (2012)
*2. Hassan MAM, Killick SR. Negative lifestyle is associated with a significant reduction in fecundity. Fertil. Steril. 2004;81(2):384-92
*3. Kinney A, Kline J, Levin B. Alcohol, caffeine and smoking in relation to age at menopause. Maturitas 2006;54(1):27-38
*4. Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine. Smoking and infertility. Fertil. Steril. 2006;86(5 Suppl 1):S172-7
*5. Dorfman SF. Tobacco and fertility: our responsibilities. Fertil. Steril. 2008;89(3):502-4