タレント、二児の母、そして「ホリプロ保育園」えんちょーとして活躍する安田美香さんが、子育てに役立つかもしれないモノやサービスを実際に試してみる『ホリプロ保育園DUAL出張所』。今回は幼児向け作品を数々送りだしてきた大原晶子さんがゲスト、そして発達障害・学習障害・ADHD・不登校などの子どもをサポートする学習塾&幼児教室「Leaf」取材の後編をお届けします!

焦らず子どものタイミングを待って、「好き」を見守ろう

「あなたはひとりじゃない! つながるってすてき!」を合言葉に、子育てに関わるすべての人に笑顔を届ける「ホリプロ保育園」。子育てに関するステキな活動をされている方を取材し、200本近い動画を配信しています。今回は、演出家・振付師の大原晶子さんがご来園! 大原さんは、子どもを知り尽くした、幼児向け作品のスペシャリスト。NHK「おかあさんといっしょ」を筆頭に、ベネッセしまじろう関連、ディズニーチャンネル、シルバニアファミリーミュージカルなど、20年以上にわたり子どものための作品作りに関わっています。

安田:息子を子ども向けコンサートに連れていったら、「いやだ~! かえる~!」って入り口で大泣してしまって……そんなとき、子どもをノリノリにしてあげる方法って、あるんでしょうか?

大原さん:親のテンポではなく、子どものタイミングを待ってあげることが大切なのかなと思います。コンサートホールって、子どもにとっては異空間で、ちょっぴり怖い場所だと思うんですね。ですので、慣れるまで入り口で待ってあげたり、もしはじまってしまっても、「ほら聴こえるね~」と外で楽しむという方法もありだと思います。あとは年齢が小さすぎると、空間に対応するのに時間がかかるお子さんも多いと思うので、小さいころは野外やオープンスペースでのイベントコンサートなど、開放的なところから慣れていって、だんだんホールに移行していくのがよいのかなと思いますよ。

安田:……親が、気持ちにゆとりを持って連れていかないと、子どもは楽しめないんですねぇ。

大原さん:親がウキウキしてないと、子どもは緊張してしまいますから。親が焦ったりイライラしていると、それが全部子どもに伝染しちゃうんですよね。子どもって、本当に親のことをよく見てわかっていますものね。

安田:その子らしい表現方法を、親が押しころさないためのポイントってありますか?

大原さん:“自分とは違う個性なんだ”ということ、また、“早い開花が大きな開花ではない”ということを根底に置くことでしょうか。もちろん、バイオリンやクラシックバレエなど、小さいころからやったほうがいい分野の芸術というのはあります。クラシックバレエは骨が固まる前にはじめる必要があるので、5歳からはじめても間に合いますけれど、10歳からだと、男の子は大丈夫ですが、女の子はプロにはなるのが難しくなる、ということはあります。けれど基本的には、“早く開花した子が、大人になってから大きく花開くとは限らない”と、私は思うんです。

安田:小さいころから、あまり焦ってつめこまなくてもいいのかもしれませんねぇ。

大原さん:子どもが好きかどうか? というところを、大事にしてあげたいですよね。好きじゃなかったら続きませんし、もし才能があったとしても、好きになれなかったら、その才能は花開かないと思います。好きになること、それこそが才能だとも言えますので。

>>インタビューを動画でご覧いただけます>>

いよいよ体験授業に。うちの子に合わせて、どんな内容に?

 さて前回は、「学習塾&幼児教室Leafとはなにか?」というお話を、「株式会社LITALICO」執行役員の野口晃菜さんにうかがいました。

>>前回の記事はこちら>>

「Leaf」とは、「子どもはひとりずつ違う。その多様な学び方、生き方に応えられるような指導、環境を作りたい」という思いで作られた学習塾&幼児教室。既存の教材や指導方法に子どもを合わせてしまうのではなく、その子に合った指導プランをオーダーメイドで作っていくのが特徴で、発達障害・学習障害・ADHD・不登校の子どもたちもたくさん通っているんだとか。

 実際の授業とはどんなものなのでしょうか? 5歳の息子と体験に行ってみました!

次ページから読める内容

  • まずは「困っていること」「気になること」のヒアリングから
  • 遊び感覚の授業で、その子の特性をしっかり見極めていく
  • 親へのフィードバックで、子どもの得意や苦手を教えてもらう
  • 親に「困り感」があるのなら、一度専門家に相談してみるのもいい
  • 発達が気になる子の教室に通っている親御さんにも、生の声を聞いてみました

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。