園や学校で準備しなければいけない「縫い物」。ママが自分で手作りする場合も、誰かに頼む場合も、今は様々な選択肢があります。前回までの記事でご紹介した「ハンドメイドサイト」とは違い、店舗で手に取って選んだ生地からのオーダーを受け付けているのが、手芸用品各店の入学入園グッズのオーダーサービスです
 今回はそうした手芸用品2店のサービス利用ノウハウやお役立ちグッズを詳しくご紹介します。オーダーがピークになる今の時期、ぜひ参考にしてください。

【新年度準備特集】
第1回 名前スタンプ、お昼寝シーツ…保育園入園前の準備
第2回 お迎え後の夕飯、断乳、病児保育…職場復帰の準備
第3回 小1の壁をどう乗り越えた? 小学生ママ達の座談会
第4回 センスのいい雑貨店のような本格派手作りサイト2店
第5回 大人気サイト 園や学校グッズをかわいく手作り代行
第6回 手芸用品店に簡単発注 生地選んで「ママ手作り」感 ←今回はココ

複数アイテムを一度に注文できて効率よし

 様々な手芸用品店が、子どもの入園、入学、進級時に家庭で用意しなくてはならない学校グッズの手作り代行を手掛けています。

 店舗で発注する手芸用品店のオーダーサービスの醍醐味は、何といっても生地選び。店頭に並ぶ豊富な種類の生地の中から好きなものを選ぶことができ、素材の質を確かめながら、子どもと一緒に選ぶ時間を楽しめます。子どもにとっても、ひもやテープなどの付属品を生地と組み合せて自分だけのオリジナルグッズが作れるのは楽しいでしょう。

 アイテムはレッスンバッグや上履き入れ、体操着袋、お弁当袋、コップ袋、スモック、敷き布団カバーなど(店舗によって異なる)。これらをトータルでコーディネートできるほか、一気にまとめて注文できるので、店舗へは注文時と受取時の二度行くだけで意外と簡単に準備を済ませられるのです。一方、園や学校のサイズ指定に合せてオーダーできる店もあります。

 全部を完全お任せせずに、一部は自分で作りたいという人にとっても、「型紙を見ただけでは分からない」「どんな生地を使っていいか分からない」などの悩みを直接話して相談できる店舗サービスは心強い存在です。

 オーダーメイドの場合、注文後、店舗での受け取りまでは約3週間~1カ月。特に2月中旬ごろには、入学説明会を終えたママ達の駆け込み需要で注文が殺到します。納期が遅れてしまう場合もあるので、なるべく早めに訪れたほうがいいでしょう。

 それでは、次ページから人気2店の詳しい利用ノウハウを見ていきましょう。

<次ページからの内容>
● 大手2店の手作り代行サービスの使い方、選び方
● 手作り初心者も簡単! 裏ワザ的便利グッズ
● 店頭価格が割引になるなど、お得な情報

次ページから読める内容

  • デザインや質にこだわる人におすすめ
  • 手作り派におすすめのセットやミシンや針不要の便利グッズも
  • ママなら年会費無料の会員サービスで5%OFF。無料レシピも公開中
  • デザインはシンプル、でもサイズ指定が可能
  • 手間いらずの型紙付き!入園・入学準備のセット
  • 店頭やオンラインショップで生地を購入するとレシピがもらえる

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る