大人向けの料理や空間を子どもと一緒でも楽しめる「キッズデー」が、都心の高級レストランを中心に増えています。平日ではなく、週末や祝日に開催されるところが多いのが魅力。平日は忙しいDUAL世帯でも、週末や祝日なら無理なく利用できます。今回紹介する、東京・六本木のミッドタウン内にある「ボタニカ」は都会的な大人の雰囲気が魅力のレストラン。いつもと違う外食や家族の記念日に、子どもと一緒に気兼ねなく、上質なイタリアンディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

特別感漂うエントランス空間

 平日も休日も人でにぎわう東京ミッドタウン。「ガーデンテラス」エリアをエレベーターで4階まで上がると、打って変わって静かな大人の空間が広がっている。同じフロアには、国内外の一流ミュージシャンの演奏が聴けるクラブ&レストラン「ビルボードライブ東京」。すっと自然に背筋が伸びる特別感を感じながらエレベーターホールから少し歩くと、「ボタニカ」のエントランスが迎えてくれた。

 ボタニカは、国内とパリに26店の人気レストランを展開する「ひらまつ」グループの一店。場所柄、大人のデートや会食、接待といった利用が多いという。店内に入ってソファが並ぶウエーティングスペースを通り過ぎ、奥へと歩を進めると、窓全面がガーデンに面し、真っ白なクロスのかかったテーブルがずらりと並ぶハイグレードな空間が目に飛び込んできた。この場所で、小さい子ども達もウェルカムのキッズデーが開かれると聞いても、にわかに信じ難い雰囲気だ。

エレベーターを降りて程なくお店の入り口がある
エレベーターを降りて程なくお店の入り口がある

落ち着いたウエーティングスペースには、ソファがたくさん
落ち着いたウエーティングスペースには、ソファがたくさん

店内はホワイトとブラウンを基調にした、落ち着いた雰囲気
店内はホワイトとブラウンを基調にした、落ち着いた雰囲気

 ここでは月に1回、主に日曜の夜に「お子様ウェルカムデー」が開催される。子連れでも気兼ねなく楽しんでもらえるようにとひらまつグループが始めたサービスで、子ども連れの客限定の日。メインダイニング80席が、お子さん連れのご家族大集合!となるのだ。

 ボタニカではディナーの時間帯に開かれる。今回の取材では昼間に伺ったので残念ながら堪能できなかったが、「ディナーの時間帯は外のガーデン越しに周囲のビルのイルミネーションが見えて美しいですよ」と支配人の星野茂宏さん。

 子どもは赤ちゃんから5~6歳くらいまでが比較的多く、上は中学生くらいまで。大人向けのコースを注文する子どももいるそうだ。

 「日によって異なりますが、お父さん、お母さんとお子さんというご家族の他、ママ・パパ友達のグループや、祖父母と3世代で10人くらいの家族など、様々なタイプのお子様連れにご利用いただいています。『ここでパパがママにプロポーズをしたんだよ』『同じ系列のレストランで、結婚パーティーをしたんだよ』などと話されるお父さん、お母さんもいらっしゃいますね。小さなベビーを連れて『お子様ウェルカムデーがあって、ようやく来られました』とうれしそうに話す方もいらっしゃいます。このお子様ウェルカムデーをきっかけに、たくさんのご家族にお楽しみいただけることが大変うれしいです」(星野さん)

次ページから読める内容

  • 大人も子どもも大満足。「残す人がいない」ことがおいしさの証明
  • 子どもが飽きない工夫がいっぱい!
  • 気分転換でちょっとガーデンテラスに出られるのもうれしい

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る