8年のブランクを経て47歳でアーティストとして活動を再開した岸谷香さん(参照:「岸谷香 8年振りに、47歳で仕事復帰するよ!」。2015年の振り返りと、2016年への思いを語っていただきました。

2015年はライブの年だった!

 「ライブやったなー!」

 それが、私の2015年の感想です。12月も弾き語りライブを3本やったり、とにかくライブをたくさんやらせてもらいました。それだけ「これやりたい!」というネタが尽きなかったし、自分の中で音楽に関する話題が尽きない1年でした。ライブやレコーディングは本番以上にその前の準備が大変なのですが、いろんなことがいくつも重なる慌ただしさの中で、「仕事をできる幸せ」「やりたいことに挑戦できる楽しさ」をかみしめました。

プライベートでは娘と3回、海外へ。そのワケは……

 一方で、プライベートも充実していました。海外もバリ島、ロンドン、シアトルと、3回も行ってしまい……! 旅の道連れはなんと毎回、娘。息子には「行くー?」と聞いても「行かない」とあっさり断られてしまったので、どこも娘と二人旅でした。他にも、子どもの学校の入試休みにUSJに行ったり、お誕生会も気合入れてやったり。というわけで、すっごく忙しい1年だったのですが、こういうのを公私共に充実していると言うのかな、なんて思ったり。

 家族との時間も、仕事を始めた割には取れたのかな。いやむしろ、取れたと印象づけているというべきか(笑)。

 今、家族のイベントでは、なるべくインパクトの強いことを企画しようと思っているんです。仕事を始めちゃったから、前みたいに子どもたちとずっと一緒にはいられないし、かまってもあげられない。中2と小6の二人は、親にべったり、というわけでもなくなりました。

 だから家族行事も前よりは数が減った分、大きなイベントを時々ちりばめて、「おかーさんは、あなたたちのことをちゃんと考えているよー。一緒に過ごしたいのよー」という思いをその1回で思いっきり伝えたい、印象づけたいと思って(笑)。

 好き勝手に音楽をやらせてもらっているから、その分、一緒に過ごす時間は強烈なひとときを! なんてね。

次ページから読める内容

  • 海外に興味を持ち始めているタイミングで、娘を海外に連れ出したい
  • 2016年に欲しいもの。それは「筋力」
  • 3月には久しぶりのプリプリライブ

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る