住宅購入に悩む共働き世代を、ファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみさんがリポートする本連載。前回記事に引き続き、世帯年収が1350万円、貯蓄も十分あるのに、住宅購入に不安を感じる夫婦の相談を取り上げます。頭金や月々の返済額、手元に残しておくべきお金はどうすればいいのか、悩む夫婦へのアドバイスは……。

 前回の記事「世帯年収1350万円でも住宅購入を迷う夫婦の理由」で、住宅の購入と働き方のバランスに迷い、1年半以上購入を迷い続けていた上屋さん夫婦(仮名)を紹介した。収入は二人合わせて1350万円。しかし、今後の奥様の働き方次第で収入と働き方がどのように変化するかはまだ分からない。慎重派の理系夫婦は住宅購入に踏み切るのか? まずはご夫婦のデータを改めて確認したい。

■年収
夫(31歳) 850万円 食品会社開発職
妻(31歳) 500万円 製薬会社研究職。薬剤師の資格を保有。現在時短勤務中で今は年収で考えると300万円ほど。退社も検討中

■家庭の状況
結婚5年目。1歳になったばかりの女の子が1人。1年後くらいに2人目も欲しいと考えている

■現在の住居
横浜に社宅住まい(賃料5万円)。一軒家の購入を検討中

■購入プラン
購入予定の物件 5500~6000万円
頭金 1700~2000万円
夫の社宅近くで検討中。金利・返済期間は相談したい

■資産
現在の貯金額 1900万円
その他 700万円分(株・投資信託・財形貯蓄など)
年間の貯金額 450万円
※財形や持株会や保険などで毎月7万円を積み立て中。さらに生活費の残りも貯蓄している

■レッスン・相談の内容
家の購入を考えたが、買っても大丈夫か分からない。FPに相談したこともあるが、まだ確信を持てないのでアドバイスがほしい

予算6000万円、頭金は2000万円。これで大丈夫?

シェアーズカフェ・中嶋(以下、中) 購入のご予算は 6000万円、頭金が2000万円ですね。一軒家がご希望ですけど、これはある程度調べたうえでのご予算ですか? 

 希望している場所で土地を買って建築士さんに設計からお願いするとそれくらいはかかると思います。

 頭金を1700万円から2000万円も入れてしまうとかなり貯金を取り崩すことになりますね。

 少しでもローンは少ないほうがいいと思ったんですが、ダメですか?

 実際にシミュレーションをして金額をお見せします。

 諸費用込みで6000万円の物件を買うと想定した場合、頭金はいくら入れればいいのか。上屋さん夫婦の場合、金融資産は約2700万円と31歳の夫婦としては極めて多い。少しだけ入れるか、たくさん入れるか、自由に選択できる。

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。