前回「全児童対策は“渋谷のスクランブル交差点”?」に引き続き、「学童」と「子供教室」の今後について、児童健全育成推進財団・事務局長の依田秀任さんにお話を伺います。

放課後子ども総合プランは、自治体にとっての財政的なメリットは高い

日経DUAL 2015年4月から実施されている「放課後子ども総合プラン」は、デメリットよりメリットのほうが多いのでしょうか?

児童健全育成推進財団・事務局長の依田秀任さん
児童健全育成推進財団・事務局長の依田秀任さん

依田さん(以下、敬称略) 自治体に財政的なメリットはあると思います。しかし、それが子どものメリットかと言えば、いくつか疑問が残ります。そもそも、子どもの気持ちや意見が反映されているのか。そういった視点が必要なのです。

 例えば、夏休み。中には、朝から学童でどっぷり10時間ほど過ごす子どもがいます。そんなに長時間学童にいたいと思う子どもがどれだけいるのか。その過ごし方や内容もとても大事なことなのです。

 学童で長時間過ごすことによって悪影響が生じるとは言いません。でも、そこに“大人の都合”があるのは明らかです。だからこそ、子ども達にとって負担が少なく、快適な居場所にしていくことが、保護者、現場、行政に課された役割であり、責任だと思います。

 今後、同プランが子どもの視点から見て、どのような成果を上げたかを検証していく必要があるでしょう。

―― 保育園に通う子どもが小学校に上がると、親の意識が変わり、学校や学童の活動にもっと参加しようと思うようになる、という話を聞きます。学校や学童の活動に対する親の参加は、やはり重要なことなのでしょうか?

依田 地域ぐるみで子ども達を育てようという意識は、非常に大事です。もし、学童と学校の連携がうまくいっていないようであれば、保護者のほうから色々お願いしてみてはどうでしょうか。現場や所管部署より、保護者の要望として出したほうが効果があるでしょう。

 その要望が社会通念から外れておらず、学校側も納得できるものであれば、受けとめざるを得ません。学童では保護者の会などがあると思います。積極的に参加して、ほかの保護者の方の意見を聞くだけでも参考になるはずです。

 学童の責任者や校長先生と話す機会があると思いますが、日ごろの良好なコミュニケーションが、保護者としての安心にも繋がるでしょう。

―― 学童の民間委託への流れの加速に伴い、保育の質の低下を心配する親も多いようです。これについて、問題点や課題はありますか?

次ページから読める内容

  • 児童館や学童の民間委託の流れは止めようがない
  • 委託先の運営団体の得意分野を見極めることが大事
  • 大事なのは、支援員との信頼関係の構築
  • 学童は「いつまでも子どもを預けるところ」ではない

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。