オフィスの一角に、保育士が常駐する保育スペースを開設した企業があります。株式会社スタイル・エッジは、女性社員が6割を占めるベンチャー企業。「早く復帰したいけど、子どもの預け先が見つからない」そんな社員の声を受けて、社内に保育施設をつくるプロジェクトが立ち上がりました。社員がアイデアを出し合ってつくり上げた保育スペースは2015年4月にオープン。同社で子どもと一緒に働くママや、子どもを預かる保育士さんに話を聞きました。

 <目次>
 ●「利用は無料、残業は禁止」の託児ルール
 ●ママと保育士の声インタビュー
 ●企業の思い「女性の力を生かすメリットのほうが大きい」

保育スペースは午後6時半まで。子どもと一緒に働き、定時退社を心掛ける

 東京・新宿区のビルの8階。株式会社スタイル・エッジのオフィスの一角には、防音ガラスで囲まれた保育スペースがあります。中には、保育士さんと遊ぶ子どもの姿。隅のデスクでは、女性がノートパソコンを広げて仕事をしています。

 コンサルティングやマーケティング支援を手掛けるスタイル・エッジは、東京や大阪、福岡、台湾などを拠点とし、全従業員数は約100人。その6割が女性です。約70名が在籍する東京本社では、2015年4月に事業所内保育施設をオープンさせました。保育士兼事務アシスタントのスタッフが1名常駐し、5~6名の社員が利用しています。正社員、パート社員にかかわらず、利用は無料です。

 保育スペースの利用時間は、午前9時から午後6時半まで。延長は原則不可で、子連れ社員は定時退社するよう会社が定めています。その理由を副社長の横川泰之さんに聞くと、「保育士の負担も考慮し、きっちり線を引いています。第一、決められた時間内で生産性高く働けば、十分成果は出せる」とのこと。

 社内に保育スペースをつくるというプロジェクトが立ち上がったのは今年の1月。ママ社員や妊娠中の社員5、6人が集まり、保育士の採用や保育方針、部屋の位置、使う色や無垢材・漆喰などの素材などについて話し合い、現在の形が出来上がりました。スペース内にはデスクが2席あり、子どものそばで仕事をしたい社員が自由に利用できるようになっています。

 保育スペース内のデスクで仕事をしていた蔦谷千枝さんに話を聞きました。蔦谷さんは現在、事業開発室のチーフとして働いています。

次ページから読める内容

  • 必要があれば土日も託児可能。仕事にブレーキかけずに済む
  • 費用負担はあるが、それを上回るメリット
  • 子どもが来ない日は、保育士は事務作業もこなす

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。