「来週が締め切りです」というお知らせと共に、職場で回ってくる年末調整の書類。毎年書いているとはいえ、1年に1回しか書かないので、必死で去年の記憶をたどって書く人も多いことでしょう。

 DUAL読者は共働き。「結婚していても税金上は独身」となるため、年末調整書類の「配偶者控除」や「配偶者特別控除」の欄は関係ない人のほうが多いのですが、油断は大敵!

 実は、DUAL読者だからこそ、見過ごしがちな税金のワナ(!?)があるのです。

産休・育休中なら配偶者控除が使える可能性アリ!

 そもそも共働きで妻に税金を払うだけの稼ぎがあれば、夫は通常、配偶者控除などの所得控除は受けられません。でも、妻が産前産後休暇(以下、産休)や育児休業休暇(以下、育休)を取得する場合、配偶者控除や配偶者特別控除が適用される可能性があるのです。

 例えば、月収30万円の妻が、1月、2月と2カ月間働いて、3月から産休・育休に入ったとします。この間に受け取った給与は2カ月分で合計60万円。これがいわゆる今年の年収です。

 そして産休中は、健康保険から出産手当金として標準報酬日額の約3分の2、育休中は、雇用保険から育児休業給付金が当初半年は標準報酬日額の67%、半年経過後は50%の給付を受けることができます。

 妻のそれまでの月収が30万円なら、出産手当金を約20万円/月、育児休業給付金を育休中の当初半年間は約20万円、半年経過後は約15万円受け取ることができます。これらの給付金が実は「共働きだから配偶者控除は関係ない」という“思い込みのワナ”でもあるのです。

今年産休・育休を取った人は年収を今すぐチェック。夫が配偶者控除を受けられる可能性も
今年産休・育休を取った人は年収を今すぐチェック。夫が配偶者控除を受けられる可能性も

次ページから読める内容

  • 出産手当金・育児休業給付金は「非課税」
  • 配偶者控除&配偶者特別控除を受けると何がトク?
  • 健康保険料など、社会保険はどうなる?

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。