タレント、二児の母、そして「ホリプロ保育園」えんちょーとして活躍する安田美香さんが、子育てに役立つかもしれないモノやサービスを実際に試してみる『ホリプロ保育園DUAL出張所』。今回のゲストは、スピリチュアル芸人のパシンペロンはやぶささん。そして、シャープから新発売の「ヘルシオ ホットクック」をお試ししました!

>>「ヘルシオ ホットクック」お試し映像をご覧いただけます<<

身につける色を選べば、子どもの魅力をもっと引き出せる!

「あなたはひとりじゃない。」をテーマにつながる番組、『YouTubeホリプロ保育園』。 子育てに携わる多彩なゲストをお招きし、えんちょー安田がお話をうかがっています。今回は、10か月の男の子を子育て中! スピリチュアル芸人のパシンペロンはやぶささんがご来園!

>>インタビューを動画でご覧いただけます<<

 お笑い芸人でありながら、スピリチュアル霊視やオーラ診断が特技という、はやぶささん。9月に3冊目の著書も出したママさんです!

はやぶささん:人のオーラの色は、着る服や、身につける小物の色で多少変化するので、身につける色でわが子の印象を変えることができるんです。「みんなから愛されますように」という願いをこめて、子どもが身につける色の使い方は大切にしています。

安田:子どものオーラの色って、何色なんですか?

はやぶささん:基本、子どものオーラは黄色です。黄色は、「愛される、元気、おっちょこちょい」という意味を持つ色です。親御さんは、「こんなふうになってほしいな」という願いをこめて、その目的を補う色を身につけさせるとよいですよ。ワンポイントでも、小物で取り入れても大丈夫です。

安田:先日、保育園の運動会で、うちの子、かけっこビリだったんです(笑)。本当にのんびりした子で、まあ、そこがいいところなんですが……。でも運動会の日くらいは、「やったるぞー!」というガッツを出してもらいたいなぁ~なんて、親としては願うところなんですが(笑)。

はやぶささん:運動会には、赤がいいですよ。集中したいとき、リーダーになりたいとき、負けん気を出したいときは、赤が最適です。でも、ほかの人から見える位置にその色があると、それを見た人にも効果が出るので……「運動会で自分の子だけ活躍してほしい!(笑)」と願うときは、下着など本人にしか見えない場所に赤を使うと、本人のみに効果的です。

安田:へぇ~! テストのときは、何色がいいんですか?

はやぶささん:テストのときは、青がいいですよ。落ち着いて、冷静になりたいときは青ですね。みなさんもぜひ、お子さんの服や小物の色で、お子さんの魅力をよりいっそう引き出してみてくださいね。

「無水鍋」が電化に! シャープから新発売のヘルシー調理家電

 そして、11/5に発売されたばかりの新商品「ヘルシオ ホットクック」を、日経トレンディのイクメン・もりもり記者と一緒にお試ししました!

もりもり記者:こちらは、水を使わず、火を使わず、無水調理ができる「電気無水鍋」です。ここ数年、「無水鍋」が人気なんですね。「バーミキュラ」など、予約してもなかなか手に入りにくいという物もあり、注目されています。その無水鍋を、家電として発売したのがシャープ「ヘルシオ ホットクック」です。

安田:ヘルシオって、ウォーターオーブンで有名ですよね?

もりもり記者:はい。ヘルシーな調理ができるのが特徴ですが、そのヘルシオ・シリーズのお鍋バージョンということになります。

次ページから読める内容

  • 無水カレーに挑戦! 素材のおいしさも、栄養素もそのままに
  • 朝、食材をセットして予約しておけば、帰ってきてすぐ食べられる!
  • 魚も骨まで食べられる! 味だって、かなりのもんです

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。