私立や国立の小学校を受験するには、まだ小さい子どもをサポートしていく親の頑張りは不可欠。さらにノウハウを知る「お教室」と呼ばれるような塾に通う人が大半だが、人数の多いクラスではついていけない子や合わない子も出てくるだろう。そんなとき、助けてくれるのが個別指導。中高生の塾と同じように、小学校受験にも個別指導が存在する。そんな個別指導で人気の高い「こどもみらい塾 エルク」(東京・恵比寿)に話を聞きに行った。

集団で取り残された子への個別ケア

 「大手幼児教室などで35年以上、子ども達を見てきましたが、力はあるのに思うように取り組めない子、集団で取り残される子達を見て、疑問に感じていました。小学校受験は、受ける学校によって必要な勉強もだいぶ異なりますが、子ども自身にその志望校や勉強が合っているのか、さらにはそれを支える家庭の環境は安定しているのかなど、大きな塾では見逃しがちです。そういったところまでしっかり見てあげたいと思い、スタートしました」

 エルク塾長の奥野孝子さんは話す。この塾では、基本的には1対1の個別指導。このエルクだけに通う子どももいれば、大手塾に普段は通い、ここに週数回から月1回程度通ってくる子どももいる。もちろん大手塾で問題を抱えている子どもばかりが来るのではなく、学校選びから相談したい、個別指導でしっかり得意・不得意をカバーしたいと理由は様々だ。

 個別ではカバーしづらい集団での行動観察の対策に、2カ月に1度グループでのレッスンも行ったり、大手の模擬テストも受けるように案内したりもしているという。大手のよさと個別指導のよさ、それぞれの長所を活用した指導を心がけているそうだ。

次ページから読める内容

  • 気持ちのゆとりを持つためには、受験準備は2年前スタート
  • 男の子は瞬発力、女の子は持続力
  • 大事なのは、パパとママの進路相談

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。