アメリカのDUAL夫婦にとって、家事や子育てのアウトソーシングはとっても強い味方。前回の当コラムでは、夏休み中の子どもの世話に関するアウトソーシング術をご紹介しましたが、今回はもっと学校がある期間における生活に目を向けて、それに関係するアウトソーシングについてご紹介したいと思います。

中高生に軽い家事や子どもの送迎をアウトソーシング

 家事と子育てにおいて時間のかかること、というと本当にこまごまと色々ありますよね。お掃除などの家事を代行してくれるメイド・サービスは日本より一般的で、派遣企業がたくさんあります。

 してもらえるサービスはお掃除、お洗濯などですが、毎日のメイド・サービスは経済的に余裕がなければ雇えません。1〜2週間に1度といった頻度で、おうちの隅々まできれいにしてもらい、その間は汚れやすい箇所だけ自分で掃除する、というアウトソーシングの使い方をする家庭が多いようです。

 その他、近所の中学生や高校生に、放課後の数時間だけベビーシッター、そしてちょっとしたお掃除や洗濯物を畳むなど、軽い家事をしてもらうという「マザーズ・ヘルプ」を頼む家庭もあります。マザーズ・ヘルプには、子どもの学校やスクールバス停への送り迎え、ペットの餌やりやお散歩なんかもしてもらえるそうです。

 さて家事といえば、一番負担の大きいのが食事の用意ではないでしょうか。しかし、アメリカ人には強い味方がある……。外食です(笑)。平均的アメリカ人は一週間に平均で5.8回も、食事を外食で済ませてしまうという調査も(汗)実際、アメリカ人が消費する食べ物のカロリーは、その30パーセント以上がレストランやファストフードから購入された食べ物によるものなのだそうです。

クローニン家が時々夕食をアウトソーシングするタコス屋さん。ここは韓国料理とメキシコ料理がコラボしたレストランで、プルコギのタコスなんて料理もあります(笑)
クローニン家が時々夕食をアウトソーシングするタコス屋さん。ここは韓国料理とメキシコ料理がコラボしたレストランで、プルコギのタコスなんて料理もあります(笑)

次ページから読める内容

  • 習い事の送迎で夕食を作るヒマはない
  • 米国の学校の宿題は親に向かって出される

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る