これまで、思春期を迎える時期やその前の“プレ思春期”に親として子どもにどう向き合っていくべきかというテーマで、専門家のアドバイスを紹介してきました。では、子ども達自身が今、純粋に求めているものはどんなことでしょうか。特集最終回では、思春期世代の子ども達の本音に迫ります。

【いつかはわが子も思春期がやってくる!特集】
第1回 「『うるさい、クソババァ』突然の反抗に慌てない」
第2回 「家出、万引き…親の真価が問われる問題行動の対処法」
第3回 「小3から『性』への興味 親は何と答えるか」
第4回 「子ども同士がアポなしで遊べない時代に必要なこと」

子ども達が求めているのは簡単なようで難しい

 子ども達自身が今、純粋に求めているものは何だろうか――小学生の放課後を安全で豊かにするために「アフタースクール」を展開している、特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクール代表理事の平岩国泰さんに聞いてみた。

 「子どもたちが求めていること。それは一言で言うとシンプルに、『友達と遊ぶ時間』です」

放課後に自由に友達と遊ぶことができない今の子ども達

 「あまりにも普通で『そんなこと簡単にできるじゃないか』と思う方も多いかもしれませんが、塾や習い事で忙しい今の子どもたちにとって、放課後に心おきなく友達同士で遊べる時間というのはとても貴重でレアな体験になってきています

 同法人が2014年6月から15年5月にかけて全国の小学生1029人を対象に行ったアンケートでは、「放課後・夏休みにやりたいことは?」という質問に対して、1位から順に「サッカー」「ドッジボール」「鬼ごっこ」「縄跳び」というランキングになった。

 平岩さんが最も注目したのは5位の結果が、「(やりたいことが)ない・分からない」という回答だったことである。

 「今どきの子ども達は、親達が過ごし方を決めてくれることが多く、『今日何して遊ぼうか?』と考えて遊ぶことが少なくなっています。そういう環境の中で、『放課後や夏休みに何がしたい?』という質問に対して『ない』とか『分からない』という答えが増えてきたのだと思います。子どもが自分の遊びを作れない、これはとても心配な傾向です。

 回答をさらに分析していくと、一つのことに気づきました」

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。