(2)朝食はパン派…「パンを皿と思え!」

 手軽に食べられるという点では、朝食がパンという方は多いかもしれません。菓子パンは、朝食を食べないよりはマシですが、塩分・糖分・脂肪分を考えると毎日食べることはおすすめできません。できれば、食パンなどの味がないパン+おかずの「セットメニュー」がベストです。

 さらに、パンを手軽に食べる工夫として、わが家では「パンを皿と思え!」という考え方があります。読んで字のごとく、パンを皿と思って、その上にいろいろとおかずを載せてしまうのです。そのメリットは「サンドすれば食べるのが楽」「洗い物が少なくて済む」ということです。

 ここで、わが家のパン食バリエーションをいくつか紹介します。

 ・パン&卵 (目玉焼き/ゆで卵&マヨネーズ/スクランブルエッグ&レタスなど)
 ・パン&チーズ (チーズ&ハム/チーズ&トマト/クリームチーズ&ハチミツなど)
 ・パン&缶詰 (ツナ&マヨネーズ/コーン&マヨネーズなど)
 ・パン&夕食の残り物 (ポテトサラダ/コロッケorトンカツ&キャベツ/ハンバーグ&トマト/カレー【具は少し潰すと食べやすい】など)
 ・パン&甘い物 (バナナ&バターorピーナッツバター/砂糖&シナモンパウダー)

 こうすると、ただの食パンでも飽きませんし、すべてパンに載せてしまえばワンプレートモーニングセットのでき上がりです。準備も片づけの時間も短縮できます。

 最近は、ホームベーカリーも手軽に購入できるようになりました。市販のパンに入っている食品添加物が気になる方は、自分のお好みの食材を入れてパンを作れるのでおすすめです。朝焼き上がるようにしておけば、焼き立てのパンを味わうことができます。わが家でも、全粒粉、ナッツやレーズンなどを入れて、それだけでも栄養価が高い焼きたてパンを楽しんでいます。