東京は四谷の外れで時短グッズを研究している<DUAL時短ラボ>。カオリ所長とユミエさんは打ち合わせで外出中の様子。留守をいいことに、マコトさんがカオリ所長の席で領収書を広げて何やらやっている様子。そんなマコトさんにエリちゃんが問いかけます。

はんこを押すように簡単にのり付けできる

マコトさん(カオリ所長の夫でフリーライター)「あれ? どこ行った……(ごそごそ)」

エリちゃん(いつも元気な研究員)「何をやってるんですか? マコトさん」

マコトさん「ん? 領収書を紙に貼り付けてるんだけど、1枚どっかにいっちゃって…おっ、あったあった」

エリちゃん「そこは所長の席ですよ……って、人の話、聞いてます?」

マコトさん「堅いこと言わないでよ。いないんだからいいじゃない、ここがいちばんスペース広いんだから」

エリちゃん「もー、所長に言いつけますよ」

マコトさん「帰ってくるまでには終わるからさ。そうだ、のり貸してくれない?」

エリちゃん「……(仕方なくのりを手渡す)」

マコトさん「ありがとう。……わっ、またはみ出しちゃったよ。のり付けって結構難しいんだよなー。ねぇケンジくん、いいグッズ知らないかな?」

ケンジくん(ちょっと人見知りな若手研究員)「僕ですか? そうですよねー……これ使ってみます?」

ボディーカラーは、ピンク、茶、グリーンの3色からチョイス
ボディーカラーは、ピンク、茶、グリーンの3色からチョイス

マコトさん「何だ、これ?」

ケンジくん「『はんこのり』っていうんですよ。その名の通り、ポンポンって、はんこを押すようにのり付けできるんです」

マコトさん「おー! シャチハタを使う要領でのり付けできるのか。これ面白いなー。ポンポンッと。これならはみ出さないし、手も汚れないな」

エリちゃん「手で紙を押さえなくても押せるみたいですね」

ケンジくん「領収書だけじゃなくて、切手やメモみたいな小さいものを貼るときに便利なんですよ」

マコトさん「でも、のり付けできる範囲が小さいから、大きいものを貼り付けるときは大変そうだな」

ケンジくん「そんなことないですよ。ローラーが付いてるから、ラインに沿ってのり付けすることもできるんです。押し込んだまま、スライドさせてみてください」

マコトさん「はんこを押す要領で押し込んで、スーッと、おー! すごいすごい」

エリちゃん「へ~、テープのりにもなるんだ。ちょっと私にもやらせて~」

ポンと押すだけで簡単のり付け、そのままスライドさせればライン付けもできる
ポンと押すだけで簡単のり付け、そのままスライドさせればライン付けもできる

次ページから読める内容

  • アジャスターで圧力を調整できるカッター
  • 1枚だけでなく、もっと多く切ることも

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る