ポイント2:被写体と背景との距離をとる

 先ほどの例では、被写体の人形は本のすぐ手前にありました。実は、もっと離れたほうが、より背景がぼやけます。

 ピントは「面」で合います。つまり、ピントを合わせた面から前後に離れるほど、段々とぼけていきます。従って、基本的には、写っているものに奥行きがあれば、遠くにあるものはそれだけぼけるということになります。

 写真の例のように、すぐ被写体のすぐ後ろに背景がある場合は、奥行きがないのであまりぼけません。ピントを合わせるメインの被写体は、背景からなるべく遠くに配置しましょう。

 先ほどと同じ、本棚に置いて撮ったとき。絞りはF1.8で開放です。

 本棚から1mほど離しただけで、本のタイトルが読めないほどぼけました。

 たとえば自宅で子どもを撮影するとき、生活感のある周りの様子をぼかして撮りたい――そんなときは、モデルに背景から離れて立ってもらうようにしましょう。

ポイント3:カメラはぐっと被写体に近づける

 近くから撮影するほど、背景はぼやけます。背景から離れて撮影するという、ポイント2と合わせ技で行いましょう。ただし、カメラには接写できる限界があります。ピントが合う範囲で近づきましょう。通常よりも接写できる「マクロモード」を使っても良いでしょう。

 ぐっと人形に寄って撮りました。背景だけでなく、ピントを合わせた人形の手前にある鳥までもが、大きくぼけています(前ボケ)。

 ポイント2とポイント3を図にまとめてみました。被写体に近づいて撮り、ぼかしたい背景は被写体から遠く離します。