キッチンの前の畳コーナーが家事や来客スペースに

 2階にはLDKのほかに、キッチンのシンクに向かい合う位置に4畳半ほどの畳コーナーがある。ここは、子どもが小さなMさん夫妻にとって貴重なスペースになっている。


キッチンのシンクのあるカウンターに向かい合う位置に4畳半ほどの畳コーナー。洗濯物をたたんだり保育園へ行く準備をしたりできる多機能スペースとして機能する。奥の壁に設置されたカウンターは収納だけでなく子どもの勉強机などにも利用できる

 家を建てた直後は子どもがまだ赤ちゃんだったので、親子の寝室に使っていたという。今では洗濯物を室内干ししたりたたんだり、実家のご両親が遊びに来たときの寝室として使ったりと、様々に活用されている。「お客さんが来たときにリビングに散らかっているものを避難させたり、子どもがお友だちと遊ぶスペースにも使えます」(奥様)


Mさんご夫婦に実際の使い勝手を聞きながら、忙しい子育て中の共働き世帯に役立つ収納法を解説する河崎由美子さん

 この畳コーナーには半畳ほどのスペースの収納があり、お昼寝用のブラケットや来客用の布団などがしまわれている。扉の折れ戸は子どもが手や足の指を挟まないよう、安全性にも配慮されたユニバーサルデザイン仕様だ。その横にはコンセントを仕込んだ壁厚収納があり、写真や小物を飾ったり、スマホを充電したり、ちょっとしたカフェ空間を楽しむこともできる。

 また奥の壁に設置されたカウンターには本が並べられていたり、カウンターの下には子どものおもちゃがしまわれていたりする。

「窓のそばにあるカウンターはベンチとして腰掛けて外の景色を楽しんだり、子どもの勉強机として使うこともできて便利です」(河崎さん)

畳コーナーに面するキッチン前収納に保育園用の着替えなどを収納

 この畳コーナーを活かす収納はキッチンカウンターにも隠れている。

 シンクのあるカウンターには、コンロ側の鍋類を収納できる引き出しや包丁などを入れるポケットのほかに、畳コーナー側にも引き出し付きの収納があるのだ。「保育園用のタオルや着替えを入れたり、引き出しに文房具をしまったりと、とても重宝しています」(奥様)

 子どもを保育園に送るときは、この収納から園服を出して畳コーナーで着替えさせているという。畳には保育園のバッグなどもそのまま置いておけるので、忙しい朝夕でも効率的に身支度が可能だ。


アイランドタイプのシンクのあるカウンターには畳コーナー側にも収納を用意。保育園用品がしまわれているので、登園の準備もスムーズに行える