デジカメやスマートフォンで写真を楽しむための、ちょっとしたお役立ち情報をお届けしている連載「DUALフォトTIPS」。第10回は、撮影のコツを紹介します。室内での撮影には、ズーム機能が便利です。使っているのがスマホのカメラでも、デジカメでも、覚えておくと役に立ちます。

 小さな花や、オークションに出品する小物、SNSにアップする料理の写真など、小さなものを撮影したいときがあります。そんなとき、室内での撮影では、背景に壁や生活用品など、余計なものが写り込んでしまうことはないですか?

 なるべく写真に生活感を出したくないけれど、いちいち、部屋の片づけをするのは面倒……。

 それならカメラのズーム機能を使うと、余計なものを入れずに写せます。

 ズームは遠くのものを大写しにしたいときに使うというイメージがありますが、実は近くのものを画面いっぱいに撮りたいときにも便利です。この法則は、使っているのがコンパクトデジカメでも、スマホのカメラでも、ズームレンズを搭載しているカメラなら基本的に同じです(レンズの焦点距離を変えられればOK)。

 ここでは、あえて適当に撮影の準備をして、ズームの効果を見てみましょう。

 机の上で人形を撮影する準備。新聞やティッシュケース、家電のコントローラーなどをザザッと脇に寄せただけです。テーブルの色がうるさいので、下に白い紙を敷きます。このほうが多少は光もきれいに回ります。

 普通にスマホを近づけて撮りました。デジカメなら、マクロをオンにして接写して大写しにします。こうして撮ると、背景に余計なものが写っています。

 今度は、スマホの画面をピンチアウトして、ズーム。

 ズームしたうえで、さっきと同じ大きさになるように、少し離れて撮りました。こちらは余計なものが写っていません。

 被写体は同じくらいの大きさで写っているのに、背景が違っているのはなぜでしょうか?

次ページから読める内容

  • オークションに出品する品物の撮影にも便利

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。