転職に失敗してしまうワーママの共通点とは何なのでしょうか。ワーママの転職ノウハウを9回にわたってお届けするこの特集。前回の記事『転職に「成功」するワーママはここが違う!』では、どんな考え方や経験をもったワーママが、転職に成功しているかについてお伝えしました。今回は、逆になかなか転職が決まらなかったり、転職したとしても「前職のほうが良かった」と後悔したりしてしまう、いわゆる転職に“失敗”するワーママの失敗の原因についてお伝えします。

【ワーママ転職特集】
第1回 ワーママの8割が「転職を考えたことがある」
第2回 ママであることは、やっぱり転職に不利?
第3回 ワーママが転職活動をするときの「心得」とは?
第4回 転職に「成功」するワーママはここが違う!
第5回 転職に「失敗」するワーママがはまりがちな落とし穴
第6回 ワーママの年収は転職で上がるか? 下がるか?
第7回  座談会「転職上手なワーママ3人」の本音
第8回 座談会「転職に失敗したワーママ3人」からの教訓
第9回 ワーママ転職 子どもの有無を履歴書に書くべきか?

<目次>
●ワーママが転職に失敗する3つの原因
●転職が失敗だったかどうかの判断は、半年経ってから
●面接時に注意すべき、意外なポイントとは?

ワーママが転職に失敗する3つの原因

株式会社リブ代表取締役の松本洋介さん
株式会社リブ代表取締役の松本洋介さん

 ワーママはオンもオフも日々忙しく、転職活動で失敗してしまうと、本人や家族の時間、労力、心の余裕など様々なものを犠牲にしてしまいがちです。転職でできる限り失敗しないために、気を付けておくべきことはあるのでしょうか。

 キャリア女性のための会員制転職サービスLiBz CAREER(リブズキャリア)を運営している、株式会社LiB代表取締役の松本洋介さんに、転職に失敗してしまうワーママの「失敗する原因」を3つ挙げてもらいました。

1: 転職先企業の人事と現場の認識のズレを確認していない
2: 自分で勤務条件を狭めすぎる
3: 将来の働き方のビジョンがない

 次のページから、順に詳しく解説していきましょう。

次ページから読める内容

  • 失敗する原因(1) 人事と現場の認識のズレを確認していない
  • 失敗する原因(2) 自分で勤務条件を狭めすぎる
  • 失敗する原因(3) 将来の働き方のビジョンがない
  • 転職が失敗だったかどうかの判断は、半年経ってから
  • 失敗する原因(1) 働く理由が明確でない
  • 失敗する原因(2) 隣の芝生が青く見えてしまう
  • 失敗する原因(3) 子どもが0~2歳未満のときに転職をする
  • 面接で大切な意外なもの。それは「意欲に満ちた表情」

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る