こんにちは。前野彩です。毎日、暑いですが、読者のみなさんはお元気ですか? さて、下記は読者の方から頂いたお便りです。

普段の買い物は、家族用のクレジットカードで支払っていて、請求書が来たらそれを夫婦で半分に割って、それぞれが振り込む仕組みで家計管理していました。
ところが長男が小学校に上がってからは、教材費や給食費など、不定期な現金のやり取りが増えて、いつの間にか私の財布から現金が減っていきます。
家計簿をつける余裕もなく、なんだかよく分からないうちにお金が減っている印象です。使途不明金を無くすためにできることってどんなことでしょうか。
私がきちんと、家計簿を付けて夫に申請をすれば済む話なのですが、そんな時間も取れず、今に至ります。

 家計に出てくる「使途不明金」。これって、かなりのクセモノで、同じように悩むご相談者にたくさんお会いしてきました。

 では、一つ考えてみてください。「使途不明金」という言葉の本当のストレスは何ですか?

●使途不明金という名の把握できないお金があること?
●それとも、気が付いたらお財布のお金が無くなっているという現実?
●あるいは、自分のほうが現金を多く負担しているかもしれないという不公平感?
●はたまた、家計簿を付けたらいいことはわかるけれど、付けられないという罪悪感?
●もしくは、夫婦間でお金のことを本音で話せないという不安?

 「使途不明金を何とかしたい」という言葉の奥に、単純に収支計算だけでは解決できない気持ちが隠れていませんか?

  例えば、本当は、夫婦でお金のことを本音で話せないことがストレスになっているのであれば、目先の使途不明金の解決方法が分かっても、根本的な問題は何も解決しません。

  あなたの「使途不明金」に隠れた本当の気持ちをまずは自分自身に聞いてみてくださいね。

使途不明金の金額をまず知ること 正確でなくてOK

 「気が付いたらお財布からお金がなくなっている」と嘆くご相談者に共通しているのは、「なくなっていることはわかる」けれど、「いくらなくなっているのかはわからない」ということ。
 そこで、使途不明金が気になるときは、まずは使途不明金がいくらあるのかという現実を確認しましょう。

 この現状把握は、家計において一番大事なステップです。ただ、「正確にやろう!」と意気込むばかりに、“遠回り”な方法を選んでしまう人が実に多いのです。その“遠回り”方法とは、すべてを洗い出そうとすること。

 もちろん、すべてのレシートを家計簿に記録すれば、1円単位で何にお金を使ったのかわかります。でも……そんなことは、あなたも頭では分かっていると思うのです。そもそも、それができていたら使途不明金に悩まないのですから。

次ページから読める内容

  • 面倒な管理をしないでお金の動きを把握するには?
  • ざっくり洗い出しのコツは数千円のお金は気にしない!
  • 簡単な引き算で見えてくる使途不明金

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。