ワーママの皆さん、こんにちは! ワーパパの皆さん、はじめまして! みなみ佳菜です。普段はワーキングマザーをキラっと輝かせるファッションのテクをお伝えしていますが、実は、男性のお客様も多い私。今回はパパの皆さんのファッションを最小限の労力で楽に改善するテクニックをお伝えしたいと思います。

 休日、家族でショッピングに出かけても、買うのはママと子どもの洋服ばかり。「パパのも買わない?」なんてママから聞かれても、「オレはいいよ、別に。休日だけだし」なんて、何年も着ているポロシャツとパンツスタイルで答えていませんか。あるデュアラーの男性は、休日に着る洋服がワンパターン化し、子どもの運動会の集合写真が毎年同じポロシャツだったなんて方も…。

パパはおしゃれしなくてもいいのか?

 「今のままで十分だよ」「服にはあまりこだわりないし」「パーソナルスタイリング? そこまでしなくてもいいよ、男だし」なんて思っているパパは多いものです。ファッションというと、女性(ママ)の特権のようなイメージがあるかもしれませんが、実はパパの方が、アイテム数が少ないからこそ、選び方を変えて着こなしのテクを実践するだけでぐぐぐーーんと印象は変わり、あっという間にカッコよくなれるものなんです! 私のお客様の中には、アドバイスしただけで「妻が惚れ直してくれた」とおっしゃる方や「5年ぶりに妻が玄関で最上級の笑顔で見送ってくれました…」なんて方がいらっしゃいます。

 今日は、「子どもが成長していく中で、かっこいいパパでいたほうがいいじゃん!」と夫婦で私にパーソナルスタイリングを依頼してくださったリアルなDUAL家族に協力していただき、パパ変身の一部始終を皆様にお届けします!

==================== 

 「僕は、どちらかというとファッションのこだわりなんてないし、最初は、現状のままでいいじゃん、と思っていたんですよ」というのは、2児の父でDUAL読者のKさん。「いつも妻にユニクロで洋服を選んでもらっていました。スーツが傷むと会社帰りにふらっと立ち寄ってこだわりなく選んで買って帰ることも。夏はクールビズでポロシャツとチノパンで出勤。ポロシャツはゆったりめが多いかなぁ」

 そんなKさんの普段着はこんな感じ。そう、ダボっとしたTシャツにダボっとしたパンツ。ダブルダボスタイルです。子連れパパの休日あるあるですね。ほかに、よく街で見かけるのが、蛍光色のTシャツやポロシャツに手を出してしまわれた方。ダークなビジネススーツの世界から思い切り振り切って“オフ”な気分なのかもしれないのですが、大人の男性には派手過ぎな印象になってしまいます。

 カジュアルスタイルの中でKさんの一張羅は、ここ数年ピンクのポロシャツにグレーのパーカー、そして太めのチノパンだったそうです。近所のお出かけも買い物や旅行も、このワンパターンで乗り切っていたとか。

 さて、こんなKさんが素敵に変わるには…たくんアイテムを新調する必要はございません! ちょっとしたテクニックで手持ちのアイテムでも見栄え良くすることができるのです。まず、Kさんのカジュアルコーデの定番・グレーパーカーを生かしてみましょう!

次ページから読める内容

  • パーカーはベーシックカラーが○ フードは立たせるのが鉄則
  • 袖をまくるのは「なんだか恥ずかしい」
  • 多くのパパ達に足りないのは「細身のパンツ」

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る