出張から帰宅するたびに驚かされるのが、息子・2歳の“進化”

 家族が一人増えてからというもの、できる限り出張は減らしてきたのだが、それでも、月に2度か3度は1泊、もしくは2泊ぐらいの出張が入る。

 そのたびに、びっくりする機会が増えた。

 ちょっと前までは、そんなことはなかった。はああ、癒やされるなあ……みたいな感じがあっただけ。それが2歳も半年を過ぎたあたりから、どんどん変わり始めた。

 え? お前そんなに話せたっけ?

 たった1日か2日会わなかっただけで、虎蔵(仮)のボキャブラリーが激増しているのである。

 これは楽しい。猛烈に楽しい。親としても楽しいが、きっと本人もめちゃくちゃ楽しいのだろう。新しく覚えた言葉を片っ端から口にしては悦に入っている。

 先日も行きつけの居酒屋さんでお気に入りの言葉を見つけた。

 「おー、虎ちゃん、大きくなったなあ、進化したなあ」

 大好物のポテトサラダを一人で食べられるようになった虎を見て、お店の大将が言った。すると、どうやら「進化」という言葉の響きがいたく虎のお気に召したらしい。

 「たーちゃん、しんかしたのー。しんか、しんかー」

 ちょっと大将、せめて「成長」とでも言ってくれよー……という親の思いもむなしく、まだまだまっさらな虎の脳ミソには「おにいちゃんになること =“しんか”」というイメージが刻み込まれた。

 こうなったら、親としても負けてはいられない。自分が好きだったものは片っ端から刷り込んでいくことにした。

次ページから読める内容

  • 「ダーッシュ、ダーッシュ」「だんだんだだん」♪ これ、わかります?
  • 「スタンド~つきさす~ホームラ~ン~」♪のあとは「ゴメス! ゴメス!」なんで
  • 「うちの2歳児は“へんな子”疑惑」、浮上か!?

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る