夏休みが近くなり、ワクワクしている子どもとは反対に、長期休暇の取れないDUAL家庭にとっては子どもの夏休みを埋めるのは悩みの種。なるべく長い時間どこかで見てほしいけど、せっかくの夏休みこそ実りある経験をさせてあげたい。そう思う人が多いはず。

 小、中学生ともなると夏休みに海外に短期留学やサマーキャンプへと行かせる人も増えてきたが、ついていくには親は休暇が取れず、料金もためらってしまう金額……。

 そこで人気が高まっているのが、国内にあるインターナショナルスクールやアメリカンスクールなどで行われるサマーデイキャンプへの参加だ。キャンプといっても泊まりがけではなく、どれも朝から午後まで日帰りで行われる体験型プログラム。そんな注目のサマープログラムを行っている中でも、都内の人気の2校を訪れた。

小中学生の夏休みはバス通学で、国内留学!

 日本にあってもインターナショナルスクール(インター)は9月から新年度が始まることもあり、夏休みは6月初旬から約3カ月。その期間、インターのキャンパスを活用して、外部の小、中学生も参加できるサマープログラムを開催している学校が年々増えつつある。

 プログラムは、学校によって異なるが1日単位で参加できるところから1週間単位や1カ月以上に及ぶところまで。金額も海外への短期留学費用に比べたら、手が届きやすい設定だ。

 何より魅力的なのは、国内にいながらインターという国際的な環境で英語の生活にどっぷり漬かり、さらに様々なアクティビティーを体験できてしまうこと! しかも、広い範囲から通学する子どもが多いインターでは、通学バスを数台所有しており、サマープログラム中もバスで広い範囲に送迎してくれることも。

 そして、インターといってもサマープログラムは英語に慣れていない子どもでも受け入れてくれるのが、うれしいところだ。

◆アメリカンスクール・イン・ジャパン◆

 緑あふれる広大な敷地に複数のグラウンドや体育館、食堂など充実した施設を誇るアメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)は、東京・調布にある。キンダーから高校生まで約40カ国1500人の生徒が普段は通っているだけあり、小、中、高とそれぞれの校舎や図書館はもちろん、劇場や室内温水プールまで備わり、都内とは思えない広さと設備に、足を踏み入れただけでアメリカのキャンパスに着いた気分だ。

アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)は緑あふれる広大な敷地にある
アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)は緑あふれる広大な敷地にある

 「サマーデイキャンプ」の歴史は深く、1975年にスタートされて以来40年の歴史を持ち、毎年2、3月ころの申し込み開始から1、2週間で埋まってしまうこともあるほどの人気だ。

 対象は小学1年生(年長児は上の学年に兄姉が通う場合のみ受け入れ)から中学2年生まで。プログラムは2週間(平日10日間)で、7月後半のA日程と8月前半のB日程の2パターン。9時半から15時半まで日替わりで盛りだくさんのプログラムが組まれている。

 実際にどんな子ども達が参加するのか、サマーデイキャンプ担当の吉田裕美さんに聞いてみた。

タブレットを使って英語に親しむ時間(ASIJ)
タブレットを使って英語に親しむ時間(ASIJ)

次ページから読める内容

  • 英語ゲーム、プール、工作、コンピューター、団体競技まで!
  • 厳選された学生スタッフが子どもを盛り上げる!
  • 1週間単位で参加できるインターのサマープログラム
  • 大事なのは、英語力よりも体験すること!

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。