夏休みを前に、子どもを参加させる「サマーキャンプ」を選定中という方も多いのではないでしょうか? 子どもだけで参加するキャンプ旅行は民間学童や大手スポーツクラブなど、意外と多くの団体が開催しています。一方、兄弟姉妹や友達同士のちょっとしたお出かけを引率してくれるのが、子ども専門旅行会社「引率舎」(東京都葛飾区)です。

初対面の子ども達と一緒に、大勢で定められた行程を巡るツアーではなく、親しい友だちグループの自由なお出かけを引率してくれるという引率舎のサービスは他社にはありません。そんな新業態の引率舎と“子どもだけのお出かけ”が、子どもや家族にもたらす効用を紹介します(料金はすべて税込み)。

平日の“子どもだけツアー”はメリットが大きい

 引率舎は旅行会社四季の旅などとタイアップし、キャンプやスキーなど、子どもだけで参加する各種ツアーの引率をしています。その引率舎が提供する「個人引率」は共働き世帯にはとてもうれしいサービスです。個人グループを動物園や水族館、博物館、テーマパークなど行きたい場所に、行きたい日に引率してくれるのです。

 オススメは平日限定開催の工場見学。仕事を休みにくい平日に、子ども達だけを見学に連れていってもらえます。飲料・食料品・調味料工場、乗り物工場、印刷工場、お金の工場(造幣局)などで、子ども自身にとっても身近なものが作られていく過程を見学させるのはとても良い経験です。予約が必要な場所も多いですが、夏休み中でも空きのある工場も多いので、調べてみたり、引率舎に相談してみたりするといいでしょう。

 また、工場見学や要予約の人気施設の個人引率は、学校行事の振替休日や開校記念日など、特別な休日のレジャーにもオススメです。JALやANAの整備工場や「チキンラーメンファクトリー」といった人気の高い見学施設は、土休日や長期休暇期間内の場合は6カ月前など、所定の受付開始日早々に申し込まないと予約を取りにくいのですが、通常期の平日であれば、2~3日前でも予約できることも少なくありません。

 これまでは公共交通機関を利用する「引率パック」のみでしたが、この夏休みから緑ナンバーのミニバスを利用して少し遠出もできる「ミニバス引率パック」も登場(往復100km以内)。ともに対象は5歳~小学生。都内発着で引率時間は8時間以内(超過希望の場合は応相談)。

 「引率パック」は最大6人(幼児3人)までで、1グループ1万9440円(集合場所からの交通費・食事代・施設入場料など別途)。「ミニバス引率パック」は最大10人(幼児6人)までで、1グループ7万5600円(食事代・施設入場料など別途)。1人で利用の場合は少々高額ですが、特に引率パックは兄弟姉妹や友達が5~6人も集まれば、かなりお得に“子どもだけのお出かけ”が実現できます。

千葉県野田市のキッコーマン「もの知りしょうゆ館」を見学。館内の「まめカフェ」ではせんべい焼き体験ができる
千葉県野田市のキッコーマン「もの知りしょうゆ館」を見学。館内の「まめカフェ」ではせんべい焼き体験ができる

次ページから読める内容

  • 行き先や見学経路など、小旅行の計画を子どもに立てさせる
  • 半年に5回子どもだけでお出かけする「子ども会 遊部」発足
  • 退屈な時間が無く、楽しさ満載の“子どもだけツアー”
  • “子どもだけのお出かけ”が、子どもの冒険心や自立心を育む
  • 大事なのはお出かけ後のフォロー。やったことや楽しかったことを存分に聞く
  • 思いっきり遊ばせて、すっきりした笑顔でお出迎え

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。