「中学受験って、どうなの?」という疑問を持ったパパ達に集まってもらい、率直な意見を交わしていただいた座談会。3回にわたるリアル対談、第1回「オレ達が中学受援に魅力を感じない理由」に続く第2回目は「受験をさせたい」という妻への思いについても語っていただきました。

【座談会参加者はこんなパパ達】

Wさん 会社員。子どもは小6の男の子、小3の女の子。自身の両親と完全セパレート型二世帯住宅に暮らす。夫婦ともにフルタイム勤務。Wさん自身、海外出張も多く、家事は8:2か9:1の割合で妻が担当。
●自分の受験歴:小・中と公立、高校も都立、一浪の後、国立大へ。

Mさん 会社員。子どもは3歳、0歳の女の子。自分の実家が片道30分の距離にあり子どもが病気のときはサポートしてもらう。保育園の送りと洗濯を担当。妻は時短勤務中。
●自分の受験歴:小・中・高と地方の公立、大学は国立。

Sさん 会社員。子どもは5歳の女の子。妻は研修医。認定こども園の幼稚園の延長保育を利用し、送り迎えは極力Sさんが担当。毎月、忙しい時期は妻の母親が地方から来てくれる。
●自分の受験歴:小学校受験をするもすべて落ち、中学受験を経て名門中高一貫校、大学は二浪して私立へ。

Oさん 会社員。中2の女の子(私立中学に通学)。 妻は公務員で夫婦ともにフルタイム勤務。家事はほとんど妻が担当する。
●自分の受験歴:小・中・高共に公立で、大学から私立。

【主な内容】
●ママ達は「1ミリでもわが子を上へ」「将来の幅を広げたい」
●環境を与えてお金をかけても徒労に終わるのではないか
●妻が「受験させたい」と言い出したらやりたいようにやればいい
●共働きでの受験は夫婦お互いに負荷を増やすこと
●家族でもっといろんな家庭とつながりを持つべき

ママ達は「1ミリでもわが子を上へ」「将来の幅を広げたい」

――みなさんそれぞれのご家庭で、夫婦間での子どもの教育への温度差を感じることはありますか?

Mさん 「中学受験の費用対効果の話(前回の記事)が出ましたが、うちの妻も僕と同様、受験に積極的ではないものの、話をしていると、費用対効果といった視点はないんだろうなと思います。それよりも、妻が考えているのは、学歴を含めて人生の充実度が1ミリでも上に行けばいい、というような感覚でしょうか。例えば、100万円を上乗せして、生涯賃金が10万円増えただけだったとしても、それはそれでいい、少しでも充実させてやりたいと思っているんだと思います。あとは、『子どもの将来に向けて何かしてやらないと』という不安感もあるのかな

Sさん 「うちの場合、妻に、『なんで子どもに受験させたいの?』と聞くと『将来の幅を広げるため』と言う。それが僕にはよく分からないんですね。ある特定の学校に行くということは、似たような人が集まるところに行くことでもあると僕は経験上思うんです。例えば僕が通った学校ではみんな東大に行くのが当たり前だと思い、そう公言する先生もいました。

 もう一つは、最初のお話にもありましたが、公立への不安も大きいようです。本当かどうか知らないけれど、地元の公立は学級崩壊しているから行かせたくない、と。『公立に行ったとして、うちの子が勉強したいと思っても周囲の子に引きずられて勉強できないと、思うような職業に就けなくなって、子どもの将来性を潰すことになる。とにかくよりよい環境に行かせるにはまずは受験だ』と。どうすればいいのかなぁと……」

Wさん 「あのスティーブ・ジョブズは、学生時代に不良だったみたいだけどどう思う?って言ってみたらどうでしょうか」

Mさん 「でも、きっとわが子はスティーブ・ジョブズじゃないと思っているから、受験させたいんですよね(笑)」

Oさん 「ああ、確かに自分の子を低めに見積もる心理というのが母親にはあるかもしれない。うちのかみさんも、『もし中学校が荒れていたらうちの娘は生き延びられないんじゃないか』という発想が強かったからなぁ」

―― なるほど、子どもの行く先の不安をできるだけ取り除きたい、守ってやりたいという思いが受験へと向かわせるのかもしれませんね。そうした環境を与えることについてはいかがですか?

次ページから読める内容

  • 環境を与えられると思うのは親のエゴ? 徒労に終わるのではないか
  • 妻が「受験させたい」と言い出したらどうするか
  • これ以上、お互いに負荷を増やすのか
  • 夫婦でもっといろんな家庭とつながりを持つべき

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。