5月23日(土)~24日(日)に東京ミッドタウン(東京都港区)で開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2015」。日経DUALは2つのイベントを主宰しました。ダイジェストは「岸谷香さん&小林照子さん DUALイベント大盛況」でも紹介しましたが、今回は「岸谷香さん トーク&ライブ」の様子を詳しくリポートします!

育休から復帰して「夫婦げんかが増えた」という人もいるけれど……

岸谷香さん
岸谷香さん

―― 育休を経て復職した方から「夫婦げんかが増えた」という声も届いていますが、岸谷さんはいかがですか?

岸谷 「仕事復帰したから夫婦げんかが増えた」ということはないですね。むしろ思春期の息子は夫が、娘は私が担当するという分担がうまくいっています。夫も息子との関係をとてもいい感じにやってくれているので任せています! 

 強いて変わったことといえば、夫に「今日家にいるの? だったら私、ちょっと出てきてもいい?」って言うことが増えたことかな。「お父さんがいるならちょっと私、スタッフと打ち合わせしてくるねー」とか、「友達と出掛けてくるね!」という機会が増えました。

 かつては「家族全員そろうことが大事!」な時期もありましたが、今は息子は思春期だし、娘はたまに夫が早く帰ってくると「おとーさん、おとーさん!」ってなるから、「お、今日は私がいなくても大丈夫そうだな」というときは、食事の準備をして出かけちゃいます。「大人が家に二人いるのはもったいない!」くらいの感じで(笑)

お母さん、お父さん達こそ、友達を大事にしてもうちょっと遊んでもいいと思う

―― そんなふうにお母さんが家族とは別の“自分時間”を持つことも大事なのかもしれませんね。

岸谷 本当にそう思います。私の場合は友達と過ごす“自分時間”が大切ですね。最近いくつになっても友達は大事だなと思うんです。学生時代もそう思っていたし、子ども達を見ていても本当にそう思う。そしてそれは、親である私にとっても同じ。 友達に救われることってたくさんある。

 子どものことでちょっと腹が立つことがあると、私は同じくらいの子どもがいる親友と話すんですが、それだけで気が晴れるんですよね。相手の子育ての愚痴も、他人のことだと思うと大きな心で受け止められるから、「あ、だったら私も大丈夫かな」とも思えたり。だから私、お父さんもお母さんも、いや、お父さん、お母さんこそ、友達を大事にしてもうちょっと遊んでもいいんじゃないかなって思うんです。

次ページから読める内容

  • 人生で一番わからないのが子育てだ!
  • たぶん私は発声練習より「楽しい気持ちで歌う練習」をしているんだ
  • 30代は何もかもが中途半端だった。40代は楽しくてたまらない
  • 初めて見るもの、知らないことは山ほどある! 「DREAM」を大切にしていこうね

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。