スマホで見るには

 実際にスマホに写真を送るときの様子を紹介します。操作はiPhoneの画面です。

 最初に、スマホに専用のアプリをあらかじめインストールしておきます。

 初期設定の方法は「FlashAir™ SD-WE/WD/WCシリーズ マニュアル」を参考にするといいでしょう。

 では、デジカメにFlashAirをセットしましょう。普通のSDカードと同じようにセットして、撮影できます。

 デジカメにSDカードをセットします。

 デジカメの電源を入れると、SDカードの無線LAN機能も自動的に起動します。初期設定では、起動から5分で自動的に接続が切れるようになっています。

 スマホ側も、Wi-Fi接続しましょう。「設定」から「Wi-Fi」とタップし、Wi-Fiをオンにします。

 しばらく待つと、「ネットワークを選択…」欄に、周囲にあるネットワークの名前が表示されます(たとえば近くに自宅のWi-Fiルーターがある場合はそれが表示されたり、自動的に接続されたりする場合もあります)。一覧から、初期設定で決めたFlashAirのSSID(ネットワークの名前)を選んでタップし、接続します。

 スマホがFlashAirにつながったら、「FlashAir」アプリを起動します。するとデジカメで撮影した写真が見られます。

 写真を1枚ずつ大きく表示して確認したり、外部に送ったりできます。

 コピーしたい画像を選択して「保存」を行うと、スマホのカメラロールにまとめてダウンロードできます。

 ここでは6枚ほどダウンロードしましたが、操作は数秒で済みました。

 転送速度は十分と感じましたが、何MBもある写真を100枚以上保存するなど、大量の転送には向きません。何分もかかるうえ、スマホの容量も圧迫してしまいます。

 ですが、撮った写真から何枚かをスマホに送りたいときは本当に便利です。スマホの画面で確認してから欲しい写真だけを保存できます。撮ったらその場でFacebookやInstagramに公開したり、家族にメールで送ったりできます。

 通常は自宅に帰ってからパソコンに取り込んで整理しなければならないところが、その場で済んでしまうのは時短になりますね。

 新しいカメラを買わなくても、SDカードだけで無線対応のカメラに変身できるので、カメラからのデータ転送を試してみたい人にもぴったりです。

古いカメラは対応していないこともある

 購入と使用にあたって注意点がいくつかあります。

 まず購入の際は、東芝が動作確認済みのカメラの機種を公開していますので、事前に確認しておきましょう。手持ちのカメラがFlashAirに対応しているかの参考になります。
 http://www.toshiba.co.jp/p-media/compati/index_j.htm

 なお、動作確認されていない2009年発売のデジタル一眼レフ、ニコンのD5000を試してみましたが、うまく通信できませんでした。その場合は通常のSDカードとしての使用になります。

 今回使ったコンパクトデジタルカメラは2010年発売のRICOH CX3ですが、メーカーで動作確認済み、問題なく使えました。

 もう一点としては、FlashAirに接続しているときはスマホでインターネットが使えません。

 もし気になる人は、「インターネット同時接続モード」の設定をしましょう。いちいちWi-Fiの接続先を切り替えずにFlashAirにもインターネットにも接続できます。

(文・写真/林奈々)