育児の常識は、時代によって違う

──自分や夫の両親に子どもを預けるときは、どういうことに注意したほうがよいでしょうか。

棒田 祖父母は子育て経験もあるし、家族だから「言わなくてもわかる」と思い、自分たちの子育て方針ややって欲しいこと、やって欲しくないことを祖父母に伝えていない場合が多いようです。何も伝えないまま預けて、あとで陰口を言うのはよくないですね。「あまり甘いものは食べさせたくない」というように、気になることがあれば、前もって伝えておくことが重要です。

 ただ、妻からみて夫の親にいいづらいのは確か。そうならないために、夫の親には夫が伝えて、妻の親には妻が伝えるというルールを夫婦で決めておくとよいですね。

公益社団法人日本助産師会、岡本喜代子会長
公益社団法人日本助産師会、岡本喜代子会長

岡本 預けた後、きちんとお礼を言うことも大切。

 義理の親ならまだしも、実の親となると遠慮がなくなり、お礼を言わないまま帰ってきたりしていませんか? 「孫はかわいいから、預けるのも孝行」と思っていませんか?

 祖父母に預けている間、子どもは親がいない不安でいっぱい。いつもの彼らとは、かなり様子が違っているはず。そんな子どもたちの相手をする祖父母は本当に大変なんです。しかも、親より体力がないから、想像以上に疲れます。

 そんな祖父母の状況を思いやり、きちんと「預かってくれてありがとう」と口に出して伝えてください。

ぼうだ 育児に対する常識の違いも理解しておく必要があります。

 母乳育児や離乳食についての常識は、時代によって変わります。例えば、離乳食を与える時、昔はよくお父さんやお母さんが口の中で噛み砕いたものを食べさせたりしました。しかし今は、自分が使っているスプーンを使って離乳食をあげるのもよくないとされています。

 だからといって、お母さんがおばあちゃんに対して「同じスプーンで食事をあげるのはやめて!」なんて厳しい口調で言ったら、すぐにバトルが始まってしまいますよね。

 それを防ぐには、自分だけでなく、自分や夫の親にも最新の育児について知っておいてもらう必要があります。私たちが「孫育て講座」を開いているのも、祖父母世代の人たちに最新の知識を伝えたいと考えたからなんです。バトルにならないように、上手に伝えてみてください。

 実は、これはお母さんにとってだけではなく、育児を手伝う祖父母にとっても、とてもいいことなんです。今の子育てがどう変化しているのかを知ってもらえれば、自信をもって子育ての手伝いができるようになりますから。

岡本 育児には、時代によって変わる部分と、いつまでも変わらない部分があります。

 例えば「人に優しくしましょう」というようなことは、時代は関係ありませんよね。そういうことを子どもに伝えていく上で、祖父母はとても頼りになります。祖父母の言葉を借りながら、子どもの情緒を上手に育てていきましょう。

孫育て講座には、親子三代で参加している人も
孫育て講座には、親子三代で参加している人も