こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの前野彩です。

 デュアラーの皆さんは、マイホームを検討している人も多いのではないでしょうか。マイホームが気になり始めたら、誰もが一度は「賃貸と持ち家、どっちがトクなんだろう?」と考えますよね。

 私としては、「ソンかトクか」ではなく、「その家で暮らす毎日が、楽しく安心できる」ということを重視して考えていただきたいと思うのですが、真剣に考えれば考えるほど、お金のことは切り離せない現実ですよね。

そこで今回は、「賃貸VS持ち家、どっちがトクか?」の「お金」だけにスポットを当ててシミュレーションを行いました。

チラシやCMのカラクリにはご注意

 賃貸VS持ち家のシミュレーションは、不動産業者のチラシや住宅雑誌などでもよくされているので、ご覧になったことがある方は多いでしょう。

 でも、あれにはカラクリがあることをご存知でしたか?

 仮に、あなたがマンションや一戸建ての販売員だったとしましょう。その場合は、「賃貸VS持ち家、どっちがトクか?」と悩んでいる人に対して、「賃貸のほうがお金はかからないですよ」とアドバイスはしませんよね?

 となると、超低金利の変動金利でローンを借りて、住宅ローン控除は全額利用することができて、さらには、すまい給付金があったり、省エネ住宅ポイントを使ったり…と政府のいろんな制度も案内しながら、賃貸よりも持ち家のほうが有利なことを熱く語ることでしょう。

 そして、もしもあなたが賃貸物件の仲介業者であれば、買った後には、固定資産税や修繕費がかかることを伝えつつ、賃貸の住み替えの気軽さなどをポイントとして伝えるのではないでしょうか?

 実際にシミュレーションしてみましょう。

次ページから読める内容

  • 自己資金0円と500万円でどれだけ差が出る?
  • トータルの住居費は一戸建てのほうが安い
  • 賃貸と購入、さて、どっちがトクか?
  • 購入を検討したときのチェックポイント

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る