本連載では、中学受験ライター・越南小町さんが、塾の選び方や今年の受験結果、受験に対する心構えなどを取材・解説してきました。ここからは学校選びについて考えていきます。

偏差値で中学校を選ぶと、合格後の生活に無理が生じる可能性がある

安田教育研究所・安田理先生
安田教育研究所・安田理先生

 一般的に、「中学受験をするかしないか」は小学3年生に進級するころに考え始める家庭が多いと思います。中学受験は、子どもがまだ小さいぶん、親の期待も大きく、また親が主体となって進めていくため、どうしても高望みをしてしまう傾向があります。

 しかし、例えば、偏差値の高さだけで学校を選んでしまうと、入学後、通学に1時間以上もかかって学校と家を往復するだけで疲れてしまったり、学校の雰囲気になじめなかったりと、無理が生じてしまう場合があります。そうならないために、わが子に合った学校選びがとても重要になります。

 進学校、大学付属校、宗教校など、各学校にはそれぞれの特徴がありますが、それとは別に考えなければならないのが、別学か共学か、というポイントです。別学とはいわゆる女子校、男子校を指します。親自身が女子校・男子校出身であれば、学校生活の様子も分かると思いますが、共学校出身の方には、なかなかイメージしにくいかもしれませんね。

 現在、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の私立中学校294校のうち、女子校は103校、男子校は46校あります。首都圏においては、全体の約半分が別学と言えますが、近年は共学校に人気が集まり、埼玉県においては私立中学校29校のうち女子校3校、男子校3校、千葉県においては私立中学校25校のうち、女子校3校、男子校は0校と、県によっては別学校は限られています。

 一方で、大学進学の実績の高さや伝統校としての魅力から、「男子御三家」と呼ばれる開成、麻布、武蔵、「女子御三家」と言われる桜蔭、女子学院、雙葉をはじめとするいわゆる難関校は、今も根強い人気を集め、毎年高倍率の競争が繰り広げられています。

 では、なぜこうした難関校は別学が多いのでしょうか? 別学にはどんな魅力があるのか、本連載でもたびたびご登場いただいている安田教育研究所の安田理先生に聞いてみました。

次ページから読める内容

  • 思春期の男女の特質を考慮した、学習・生活指導が魅力
  • 異性を気にせず伸び伸び過ごし、性別で役割を分担する必要もなくなる
  • かつての別学のイメージはどこへ? ひ弱な男子と進学実績を伸ばす女子
  • 少子化で生き残りを懸ける大学付属中学校
  • いいとこどりの併学って何?

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。