タレント、二児の母、そしてインターネット放送「ホリプロ保育園」で園長として活躍する安田美香さんが、子育てに役立つかもしれないモノやサービスを実際に試してみる『ホリプロ保育園DUAL出張所』。今回は、360度全方位を撮れるアクションカメラ「Kodak PIXPRO SP360」をお試ししてみました。

 「あなたはひとりじゃない。」をテーマにつながる番組、『子育てシャベリ場!ホリプロ保育園』。
 子育てに携わる多彩なゲストをお招きし、園長・安田がお話をうががっています。

>>『ホリプロ保育園Youtube』で無料配信中です!<<

>>「Kodak PIXPRO SP360」映像はコチラ<<

これホントにカメラ?! かわいいいボディにシンプルな操作性

 園長室(スタジオ)には、日経トレンディのイクメン記者・もりもりさんがご来園。

もりもり記者:Kodakから発売されているアクションカメラ「PIXPRO SP360」を紹介します。

安田:小さい~! これ、本当にカメラなんですか?

もりもり記者:360度全方位の写真と動画が撮れるんです。外出時に子どもを撮影したり、パーティで室内全体を丸ごと撮影したりと、使い方次第でおもしろい映像が簡単に撮れますよ。

 手のひらにちょこんと乗るほどコンパクトなこのカメラ、寸法は約41.1×50.0×38.0mm(CIPA準拠)。重さ約103g(カメラ本体のみ)。
 目玉のような超広角レンズ(35mm換算で8.25mm/F2.8)が付いています。
 撮影画角は、水平方向360度×垂直方向214度。
 全天球には少し足りず、「半天球カメラ」、というところではありますが、360度全方位を撮影可能です。
 操作ボタンは3つだけ、というシンプルさ。
 ちょっぴりレトロなカンジのデザインが、かわいいですね。

 側面には、三脚ねじ穴、USB端子、microHDMI端子、microSDカードスロットが付いています。
 有効画素数は1636万画素、1/2.33型CMOSセンサーにより、拡大してもクリアな画像を楽しむことができます。
 記録画素数は、静止画で最大3264×3264ピクセル(1:1)、動画はFull HD撮影1920×1080(30P)に対応し、高解像度で美しい動画を録画できます。

 メニュー操作は、1インチのモノクロディスプレイでおこないます。
 モニターはないのですが、スマートフォンとカメラをWi-Fiでつないで、スマートフォンからモニターすることができます。

 さて、この小さなカメラでどんな画像が撮れるのか?
 もりもり親子と一緒に、日帰りキャンプにお出かけして、お試ししてみました!

次ページから読める内容

  • スマホから簡単操作。アウトドアでもへっちゃら
  • 表示モードを変えれば、斬新画像をいろいろ作れる!
  • PCソフトや充実のアクセサリーで、ユニーク映像に簡単加工
  • 360度撮影ってスゴい。その場にいなくてもすべて記録してくれる
  • 待機児童になっちゃった! 子育ての大変さはみんなで共有

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る