DUALおでかけサポート 2015年3月6日発行

 平日は忙しくて、うっかり次の週末の予定を何も考えていなかった!……なんていうことも多い共働きファミリー。そんな読者の代わりに、休日のとっておきのおでかけ情報を厳選してお届けします。

<目次>

【1】地震や強風を親子で体験し、応急手当も学べる施設は?(全国のイベント先取り情報)

【2】パパはおでかけの際「トイレ行く?」を口ぐせにすべし(おでかけノウハウPICKUP)

【3】直前でも行ける! 3月7日(土)・8日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏&大阪)
 ●モンゴルの伝統的な移動式住居の組み立て・解体に参加できる
 ●たくさんのスタンプを押して、好きな模様を描こう
 ◇その他4本

地震や強風を親子で体験し、応急手当も学べる施設は?(全国のイベント先取り情報)

 2011年3月11日の東日本大震災から、もうすぐ4年。もしまた大地震が起こったらと、不安に思うDUAL読者も多いと思います。いざというときに自分の身を守れるように、子どもにもしっかりとした知識を教えてあげたいですよね。

 そこで今回は防災体験施設を特集。施設によって異なりますが、地震や強風、消火作業などが疑似体験できる設備がそろっています。また、近年脅威となっているゲリラ豪雨による都市型水害を体験できるところも。災害時の行動をゲームやクイズ形式で学べるコーナーも、分かりやすいと人気を集めています。

【DUALチェック!】
 多くの場所で開催されている消火体験は、小学校高学年以上が対象のものがほとんど。他にも年齢制限を設けているコーナーがあるので、事前に調べてから行くようにしましょう。
 また、地震や火災体験コーナーでは子どもが怖がってしまうことも。体験をしなくてもインストラクターの話を聞いたり、避難時の荷物の確認をするなど、学べることはたくさんあります。無理はさせず、できることを学びましょう。

次ページから読める内容

  • 全国の主な防災体験施設はこちら
  • パパはおでかけの際、「トイレ行く?」を口ぐせにすべし(おでかけノウハウPICKUP)
  • 直前でも行ける! 3月7日(土)・8日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏&大阪)

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る