こんにちは、酸いも甘いも経験済み(経験中)の村山らむねです。

 年明け早々に、某情報誌で弘兼憲史氏が書いたコラム「育児に熱心な男は出世しない」がSNSや各メディアで話題になりました。私も読みましたが、イクメンを自負する男性陣の中には、カッとなった人もいるのではないでしょうか。

 論旨を簡単にまとめますと、

●「昨今、もてはやされているイクメンだが、家庭的なパパは会社ではそんなに出世しない」
●「たとえ子どもの誕生日だとしても会社の重要案件となれば、給料をもらっている以上、やっぱり会社を優先すべきです」

 という内容です。

 このコラムが提起している問題点は2点あると思います。

1.イクメンが出世できないという前提で、共働きの妻は自分の夫に、イクメン(育児する男)であることを求めるか、“カセメン(稼ぐ男)”であることを求めるか?

2.イクメンが出世できないままで日本は、どうなってしまうのか?

イクメンは出世できない。ある意味正しいのではないか

 私なりに1つずつ、考えてみました。まず1点目。

1.イクメンが出世できないという前提で、共働きの妻は自分の夫に、イクメン(育児する男)であることを求めるか、カセメン(稼ぐ男)であることを求めるか?

 弘兼氏が言う通り、育児を優先する男性は出世できない、これはある意味では正しいでしょう。正しく言うと、現在の日本のコンサバティブな会社ではイクメンは出世できない。それは全くいいことではありませんが、現実です。

次ページから読める内容

  • 共働き妻は夫にイクメンでいてほしいか、カセメンでいてほしいか
  • 男性も、女性も、社会的にもっと評価されるべき

続きは、日経クロスウーマン登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る