「一人で演奏して、歌って、しゃべって、舞台には私一人だけ!」という「ひとりでできるもん」と題したライブ、そして、クラシックを楽しく聞いてもらう「めざましクラシックス」のゲストに呼んでいただいたり……と、去年の終わりから今年の初めにかけていくつかのステージに立ちました。

 ライブの前日って、「なんでこんなに!?」っていうくらい不思議と仕事が重なって、すんごいバタバタするんですよね。その前後は、なーんにもないのに(笑)。ライブ前日は「とにかく、明日を無事に終えられますように」と祈りながら、ビールを飲んで、さっさと寝るようにしています。

歌い出しはこんな感じで、曲の合間にはこんなことしゃべって……ブツブツ

 ライブ直前になると頭の中でイメージトレーニングをしています。セットリストの1曲目から。歌い出しはこんな感じで、曲の合間にこんなことしゃべって、うん、最後はこんなふうに終わろう……みたいなことを通しでおさらいしながら、“理想の進行”をやってみるんです。ライブは流れがとても重要だから、思い描いている通りにできるように、何度も、何度も。

 この習慣は、昔から変わりません。プリプリ時代、お正月の2日から武道館ライブしていたときは、元日には必ず実家の仏間に何時間も閉じこもって脳内リハを決行してました。仏間って誰もいないから集中できたんですよね。ふーっと深呼吸して、精神を落ち着かせて。長い瞑想。いや、妄想に近いか。もはやこの時間がないと、怖くて本番に臨めない(笑)。

 でも、子どもがいると、これがなかなかできない! 

 本番前のイメトレは、ライブ1本通しでやろうと思うと最低でも2時間はかかるけれど、家に子どもと一緒にいると、「2時間話しかけられない」ってことがないですよね。ちょっと考え始めたと思ったら、「ねーねー」ってくる。となると、やっぱり子ども優先になるから、イメトレが中断しちゃう。

 なので私、ライブ当日は、なるべく家から直接会場に行きたくないんです。家からだと、直前まで子どもたちとバタバタやってて集中できないし、一度考え始めたら中断したくないから。地方のときは前泊になるから大丈夫なんだけど、都内でのライブのときは、早く家を出て、カフェとかどこかでイメトレしてから会場入りしたりしています。ちょっとだけ、考える時間がほしいんですよね。本当は、都内でも前日にどこかホテルに泊まりたいくらい。

次ページから読める内容

  • ライブは、アーティストとしての力が試される場所だから
  • 「本番の迎え方」 息子の中学受験当日、実践してたのは私のほうだった(笑)

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。