忙しいDUAL世帯に向けてお金の基本を解説しているこのコラム、今回は外貨投資の税金について。今年までと2016年以降では、外貨投資の税金が大きく変わります。それによって、知らないと損をすることがたくさんあります。将来の教育費や住宅購入に向けての備えが必要なDUAL世帯は、現在の資産を安全かつ効率的に運用したいもの。賢く節税するために、今なら間に合う節税策と、逆に来年以降まで待つほうが有利になるケースを、区別して頭に入れておきましょう。

知っている人だけ得をする「税制のゆがみ」とは

 改正の主な項目は、図1の通りです。実は、外貨投資を中心とした債券の税制には不思議なゆがみが多くあり、これまでずっと「知っている人だけ得をする」状態が続いてきたのですが、それが16年以降は「金融所得課税の一体化」という仕組みで統合されるのです。

次ページから読める内容

  • 「そんな有利な税制は知らなかった」
  • 外債の利付債、満期まで待つと課税の対象に
  • ゼロクーポン債、15年までは譲渡所得が50万円以内なら非課税に
  • 雑所得と譲渡所得、一般的には譲渡所得のほうがお得

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る