認可保育所の入園可否。皆さんはいかがでしたか? 「周りはどうなのだろう」「認可がだめだったから、認可以外の保活をがんばっています」と、様々な思いがあるのではないでしょうか? DUALでは読者の皆さんに保活についてアンケートを実施しました。保活の先輩の意見もあります。今まさに一緒に保活中の方の意見もあります。アンケート結果を上・中・下、3本の記事で紹介しますので、ぜひ参考になさってください。「日経DUAL調査 9割が『認可保育園』を希望」「好きで認可園以外を選んだわけじゃない」に引き続き、今回は、保活にまつわる「気になる質問」への回答を紹介します。

【調査について】
・調査名:「日経DUAL 保活体験アンケート」
・実施期間:2015年1月7~23日
・回答数:736人 (女性 690人、男性 46人) 主に2012~15年の保活経験者

保育園に入りやすくするために「出産時期を計画した人」は13.9%

 自分の職場復帰のタイミングなどを考慮しつつ、子どもを保育園に入れやすくするために、出産のタイミングを計画する人が増えていると言われていますが、実際はどうなのでしょう? 今回のアンケートでは85.3%が「出産のタイミングを計画しなかった」と回答しました。逆に、計画したと答えた人は13.9%。この数字を高いと見るか、低いと見るかは難しいところです。 

「子どもはこれ以上望まない」「もう一人産むかどうか迷っている」が7割

 「お子さんをあと何人持ちたいと思いますか?」という問いに対しては、「これ以上は望まない」と「迷っている」の合計が約7割を占めています。3番目に多いのが「1人」と答えた人で、26.1%でした。では、この背景にはどんな本音が隠れているのでしょうか。次の質問でそれが明らかになります。

次ページから読める内容

  • 子どもを望まない三大理由は「体力・教育費・保育園」
  • 「教育費値下げ・職場環境の改善・保育園の入園保証」があればもう一人

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る