誰にも言えない、言いたくない思いを書いていたのに……

 「ママ、書いた日記を全部捨てちゃったんだよね」

 ときどき子ども達に言われることがあります。

 私は、小学校の頃から書き続けていた日記を、あるとき一気に捨ててしまったのです。

 自発的だったのか、親に書かされたのかは覚えていないけれど、私は小学校に上がる前から日記をつけていました。日記を書くことが習慣になっていたので、夏休み明けにあわてて、まとめて日記を書くなんてことは一度もありませんでしたね。

  「今日は、お父さんがお土産にどこどこのお寿司を買ってきました」みたいに、最初は日常の出来事を書いているだけだったのが、そのうちに、誰にも言えない、言いたくない自分の思いを書くようになって。だから、中学3年の時、両親に「誕生日プレゼントは何がいい?」と聞かれた時、「鍵がついた日記帳!」とリクエストしました。

 買ってもらったのは、ヨーロッパの昔の本みたいな、真っ白で、鍵付きのとてもきれいな日記帳。とっても嬉しかった! 何よりも、鍵が付いているから誰にも読まれない。思う存分、自分の心に秘めた思いを書ける。親には内緒にしたいことももちろん書いていました(笑)。もう時効だから言っちゃうと、中学卒業間近の頃、友達と初めてコークハイを飲んだ日のことも。

 すると、ある日の夕食で、父から「お父さん、今日は珍しくコークハイでも飲んでみようかな。な、香」って言われたんです。その瞬間、「日記、読まれた」と分かりました。

 信じられない! なんてことする親なんだ!! 怒りがわなわなとこみ上げました。イケナイことをしたのは私だから逆ギレなんですが、日記を勝手に読んだ父親に対して、ありえないほどの怒りがこみ上げて。その怒りの勢いのまま、私、日記を全部捨ててしまったんです。イケナイことをした証拠隠滅と(笑)、後悔と、日記を読まれた恥ずかしさを全部捨て去るように。幼い頃から書いていた日記も全部まとめて。もうちょっと冷静に考えて、父に読まれた鍵付きの日記だけにすればよかったんだけど。

次ページから読める内容

  • ママは全部捨てちゃって後悔してる。あなた達は大事にしてね
  • 日記を書くことで出来事や思いを受け入れて、浄化できるような気がする

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。