子育て奮闘中のパパライターが「学童についての素朴な疑問」を探っていくこの連載。「カオス状態の学童! 焦る保育園パパが緊急調査」など、これから入学を控える両親に向けて、学童とはどんなところかを等身大に取材します。今回は4回シリーズで、公設学童に子どもを通わせている(または、通わせていたことのある)日経DUAL読者が集まり、“学童の今”と“小1の壁”について本音で語りました。新学期に向けてそろそろ入学準備をしなければ…というご両親のために、学童ユーザーの赤裸々な体験談、注意ポイントなどを細かく紹介します。第1回「民間学童?18時お迎え要員?はじめての学童入門」に続く第2回は、「18時帰宅が無理な親はどうすればいいか」、「子どもを一人で留守番させるということ」、「鍵を子どもに持たせた失敗談」、「時間つなぎのための習い事とその帰り道」…などにについてです。

【座談会参加者プロフィール】

●太田朋子さん(仮名):東京都世田谷区在住の小5男子と小2女子の母。妹を世田谷区の学童「新BOP」(Base Of Playing)に通わせている。学童を卒所した兄は、放課後校庭遊び場開放の「BOP」に登録。やはり2度目の“小1の壁”を経験中。外資系製薬会社勤務。

●佐藤優花さん(仮名):東京都渋谷区在住の小6女子と小4男子の母。2人とも渋谷区の学童「放課後クラブ」に通わせていたが、下の子どもが小3に上がったタイミングで、悩んだ末に退職。元政府系機関勤務。

●赤城淳一さん(仮名):東京都目黒区在住の小3男子、小1女子、1歳女子の父。小学生2人は、小学校に併設された公設学童「学童保育クラブ」に通わせており、現在2度目の“小1の壁”をまさに経験中。IT関連企業勤務。

18時帰宅が無理な親にとっては、子どもだけの留守番が心配

DUAL編集部 前回、太田さんは民間学童を数カ月だけ併用したと言っていましたが、ほかの方はどうですか?

長男と長女が公設学童に通う、赤城淳一さん(仮名)
長男と長女が公設学童に通う、赤城淳一さん(仮名)

赤城 わが家の場合も、私も妻も18時15分までに帰宅することが難しかったため、子どもを公設学童に行かせた後、塾が経営している民間学童にも補助的に行かせることにしました。慣れさせる狙いもあって、保育園年長のころから、その民間学童のプリスクールに通わせ始めました。

 その民間学童は宿題以外の勉強にも力を入れているところで、有料オプションで英語やピアノなどの習い事も選べたんです。ですが、親の意図通りにはいきませんでした。

次ページから読める内容

  • お留守番を工夫した子どものたくましさ
  • 勤務先が「部分在宅」制度を導入 すぐ手を挙げて、学童のお迎えに対応
  • 放課後に一人で自宅で過ごせるか、外に遊びに行く場合は鍵を管理できるか
  • 一人で習い事に行かせる前に、電車や携帯に頼らず、一人で歩いて帰る練習をした
  • リスクに対する考え方には個人差がある “わが家の基準”を決めることが大事
  • 子どもが成長するにつれ、教育や習い事の選択肢は多様化する

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る