「絵本の読み聞かせって何がどうしていいの?」
 幼少期における絵本読み聞かせの効能について、気になるDUAL世代は多いのではないでしょうか。そこで、東京医科歯科大学認知神経生物学の泰羅雅登教授に話をうかがいました。ご自身も2人の子どもを持ち、幼少期に絵本の読み聞かせをしてきたそうです。
 特集第1回は、脳科学の実験を経て導き出した、読み聞かせと脳の関係、そして真の効能に迫ります。

0歳から10歳まで、情報伝達力は飛躍的に伸びる

DUAL編集部(以下、DUAL) 絵本の読み聞かせは子どもの学力を伸ばす、賢い子をつくるなんて言われていますが、脳科学的には正しいことなんでしょうか。

泰羅教授(以下、泰羅) 読み聞かせをすると、言語機能をつかさどる脳の「言語野」が刺激されます。そのため、言葉を早く覚える、語彙が豊富になると言われています。まあ、当たり前の話なんですが、大切なのは脳の機能を幼いうちからたくさん働かせるということです。赤ちゃんの脳は生まれたとき、大きさは小さいけれどすでに大人の脳と変わらない形態をしています。

DUAL ええ!そうなんですか。 赤ちゃんの脳ってシワもなくて、未発達なものだと思っていました。

泰羅 赤ちゃんの脳の格好は生まれてくるころにはすでにできあがっています。シワもあるし、神経細胞の数も大人と同じようにそろっている。でもまだうまく働くようにはなっていない。

 脳には「使わないとうまく動くようにならない」という基本原理があります。例えば、漢字は眺めて覚えるものではなくて書いて覚えるものだし、自転車は何度も乗ることで乗り方を覚えるというように、脳の神経回路を一生懸命働かせることが絶対的に重要です

 0歳児では脳の働きは未発達。神経も裸電線で、情報を伝えるスピードは遅いし、遠くまで伝わらない。それが大人になる過程で絶縁体もできて太いケーブルに変わり、情報伝達が飛躍的に早くなる。こうした変化がダイナミックに起こるのは0歳から10歳くらいまでです。

DUAL つまり、絵本の読み聞かせは0歳から小学校中学年くらいまでにしっかりやると、言語能力の発達に効果的というわけですね。

泰羅 そうですね。でも、それだけではないんです。

 以前、読み聞かせの効能について脳科学的なアプローチの実験をしたことがありました。思考や記憶、創造力をつかさどる脳の「前頭前野」が活性化するのではないかという仮説を立て、子どもの頭に装置をつけて脳の働きを調べたところ、残念ながら前頭前野において反応は見られませんでした。

次ページから読める内容

  • 喜怒哀楽の経験を積ませてあげる
  • ママの声は特別でも、パパも読んでほしい
  • 親にとって読み聞かせは子どもを観察するトレーニング

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。