2014年10月に渋谷のユーロスペースで行われた「スウェーデン映画祭2014」で、「子どものためのスウェーデン映画」のシンポジウムに登壇したKADOKAWA・DWANGO会長の川上量生さん。9月に子どもが生まれたばかりだという川上会長に、ジブリ作品との出会い、子どものためのいいアニメ作品とは何か? また、川上会長がプロデューサーを務めたアニメーション作品「山賊の娘ローニャ」(NHK BSプレミアムで放送中)の魅力について聞いた。今回は前編「ドワンゴ川上会長 少子化対策お粗末ニッポンに憤り」に続く後編。(聞き手は日経DUAL編集長の羽生祥子)

子どもに媚びているような作品は堕落していく

羽生 シンポジウムでは「子どものためのスウェーデン映画」というテーマでお話をされていましたが、子どもにとっていい作品とは、どんなものとお考えですか?

川上量生(以下、川上) 僕の考えとしては、あまり現実離れしていない作品のほうがいいと思います。それは設定などの話ではなく、「悪はかならず滅ぶ」といった一面的なテーマではないほうがいい、ということです。子どもがそれを信じてしまっても、現実の社会は違います。だからといって、「人をだまして自分が得をする生き方をしよう」なんていうことを教えるのもよくないですよね(笑)。人生にはいい部分も悪い部分も両方ある。そのバランスの中でどうやって生きていくのか、ということを正直に伝えられる作品が、いい作品だと思います。


「子どものためのスウェーデン映画」シンポジウムに登壇したKADOKAWA・DWANGO会長の川上量生さん

羽生 子どもが好む作品と、親が観せたい作品というのにはギャップがあるものだと思いますか?

川上 それは当然ありますよね。子どもにウケようと、ある意味子どもに媚びているような作品は堕落していきます。一方で、スタジオジブリの作品が証明していることですが、子どもは本当にいい作品を観るとその良さがわかるんです。だからつくり手は、それを信じていい作品をつくり続けることが大事だと思います。ジブリ作品は、「子どもが観たい」と「親が観せたい」を両立している稀有な作品なんじゃないでしょうか。

羽生 ジブリ作品はなぜそれを両立できるんでしょうか。

次ページから読める内容

  • 「説教くさい」ジブリ作品が好かれる訳
  • 「山賊の娘ローニャ」のプロデューサーを務めて
  • 宮崎駿監督が現役のうちはジブリにCGはない
  • いま、親子で観られる作品が求められている

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。