認可保育園の数や定員数を一覧してみると、自治体の特徴が見えてくる。公立保育園はすべて市区が運営しているところもあれば、公設民営化が進んでいる自治体もある。公立保育園がない自治体もある。データを通して、自治体の保育事業に対する考えが浮かび上がってくる。 

※ 自治体の保育園等に関するデータは、主に『2014年度版 100都市保育力充実度チェック』(保育園を考える親の会)から転載。東京都内5つの自治体(福生市、東大和市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市)、神奈川県内2つの自治体(小田原市、秦野市)、千葉県・習志野市、埼玉県内3つの自治体(熊谷市、狭山市、久喜市)については、日経DUALによる独自調査の結果を掲載。

※ 著作権/「項目別ガチ比較!」と「あなたの街の保育園情報リスト」は、『2014年度版 100都市保育力充実度チェック』(発行:保育園を考える親の会)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元に帰属します。

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る