他の自治体からの入園申込者に対しては、回答したすべての自治体において「選考で自市区民より不利」「自市区民受け入れ後に空きがあれば受け入れる」という方針が取られています。転入先住所や転入時期の明示が求められるケースが多いようです。

※ 自治体の保育園等に関するデータは、主に『2014年度版 100都市保育力充実度チェック』(保育園を考える親の会)から転載。東京都内5つの自治体(福生市、東大和市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市)、神奈川県内2つの自治体(小田原市、秦野市)、千葉県・習志野市、埼玉県内3つの自治体(熊谷市、狭山市、久喜市)については、日経DUALによる独自調査の結果を掲載。

※ 著作権/「項目別ガチ比較!」と「あなたの街の保育園情報リスト」は、『2014年度版 100都市保育力充実度チェック』(発行:保育園を考える親の会)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元に帰属します。

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る