一見、どこにもありそうな平和な家庭ですが、主人公の志保の頭に「離婚」の2文字が浮かばない日はありません。じわじわ描かれる、結婚9年目、2児の母親である彼女の日常に、「大共感して大号泣して、でもここまで自分の気持ちを分かってくれる本があるだけで頑張れる」など反響が集まっているコミックエッセイ『離婚してもいいですか?』(KADOKAWA)。日経DUALでは、このコミックエッセイのダイジェストをお届けします。

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る