子育て奮闘中のパパライターが「学童についての素朴な疑問」を探っていくこの連載。「カオス状態の学童! 焦る保育園パパが緊急調査」など、これから入学を控える両親に向けて、学童とはどんなところかを等身大に取材します。今回は4回シリーズで、公設学童に子どもを通わせている(または、通わせていたことのある)日経DUAL読者が集まり、“学童の今”と“小1の壁”について本音で語りました。新学期に向けてそろそろ入学準備をしなければ…というご両親のために、学童ユーザーの赤裸々な体験談、注意ポイントなどを細かく紹介します。第1回「民間学童?18時お迎え要員?はじめての学童入門」第2回「鍵をなくす?習い事から夜一人で帰れる?学童入門」第3回「新1年生の宿題は?保護者の関わり方は?学童入門」に続く最終回は、「学童と保育園の違い」「子どものために平日休みを取る」「学童指導員の質」「働き方を見直す」などについて語ります。

【座談会参加者プロフィール】
●赤城淳一さん(仮名):東京都目黒区在住の小3男子、小1女子、1歳女子のパパ。小学生2人は、小学校に併設された公設学童「学童保育クラブ」に通っており、現在、2度目の“小1の壁”を経験中。IT関連企業勤務。

●太田朋子さん(仮名):東京都世田谷区在住の小5男子と小2女子のママ。妹を学童「新BOP」に通わせている。学童を卒所した兄は、放課後校庭遊び場開放の「BOP」に登録。やはり2度目の“小1の壁”を経験中。外資系製薬会社勤務。

●佐藤優花さん(仮名):東京都渋谷区在住の小6女子と小4男子のママ。2人とも学童「放課後クラブ」に通わせていたが、下の子どもが小3に上がったタイミングで、悩んだ末に退職。元政府系機関勤務。

DUAL編集部 これからわが子を学童に通わせることになるという新1年生の親御さんに伝えたいことはありますか?

佐藤優花さん(仮名)。渋谷区在住の小6女子と小4男子のママ。2人を渋谷区の学童に通わせていたが、下の子が小3に上がったときに退職
佐藤優花さん(仮名)。渋谷区在住の小6女子と小4男子のママ。2人を渋谷区の学童に通わせていたが、下の子が小3に上がったときに退職

佐藤 保育園と学童は違うということですね。私が思うに、学童というのは、学校が終わった後、親が家庭で見てあげられない間をつなぐもの。「子どもの成長を促す」という視点から見ると、保育園のような手厚いケアはしてもらえません。親としては、ある程度の割り切りが必要なのではないかと思っています。

 保育園は一人ひとりの子どもの個性に合わせて先生がアドバイスしてくれたりだとか、保育の内容を変えてくれたりというのがあると思うんですけれど、学童では、そういうことは無いものだと、私はあまり期待しないようにしています。あくまでも「家に帰宅するまでのつなぎの場」なんだと、あまり期待し過ぎないで利用するものだと考えることにしました。

 個人的には、宿題は家庭の責任でやることであって、学童に頼るものではないと思っています。だから、保育園に預けていた親が同じ感覚でわが子を学童に預けようとすると、親がしなければいけないことが多くて、最初は本当に驚くのではないかと思いますね。

 また、小学校に上がるときにはやはり、漠然とした“小1の壁”に対する不安があるかと思いますが、私の場合は“小1の壁”を乗り越えてもそれで終わりじゃなかったという気づきが一番大きかった。

次ページから読める内容

  • バリキャリだった母が平日に休み取得
  • 小学校に上がると子どもが一つの人格になる
  • 学童指導員は1年生はどういうものか知ったうえで、個々の子どもを見てくれる
  • 学童の父母会に入った父親は“パパスイッチ”が入る
  • 学童に保育時間の延長を求めるのではなく、働き方を見直してもいいのでは?

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る