なんと初挑戦であっさり初級コースの頂上へ!

 まず、スタッフのお兄さんから「さわがない」「はしらない」「じゅんばんをまもる」「うえからとびおりない」「マットのうえはのぼるひとだけ」といった説明を受けます。なお、この「PEKID'S」には「英語にも親しめる」というコンセプトがあり、スタッフの方はみんな日本語だけでなく英語での会話も可能です。

 さて、いよいよボルダリングスタート。スタッフのお兄さんに見守られて、どんどん登り始めます。

 そして、程なく頂上に! 大人は、体重が重いうえ乳酸がたまって手が疲れてきますが、子どもはそんなことがないので、好きな子はいつまでも登っているのだとか。