わが愛しの、あの店もこの店も……、なぜに?

 大げさな言い方をするならば青天の霹靂、てなことが相次いでいる。

 まず「キャセロール」がなくなってしまった。以前このコラムでも取り上げた、カレーが抜群に美味しい洋食屋さん。予約をしようと思って電話をしたら、いつまでたってもつながらない。あれ? 定休日かなとも思い、念のためにホームページで営業日を確認したところ、なんとそこには閉店のお知らせが……。(「八塩圭子 子連れになって外出先も、過ごし方も様変わり」参照)

 くぅーーー。3種類の肉が入ったミートミックスカレー、大好きだったのに。俺的には神保町「ボンディ」、金沢の「チャンピオンカレー」と並ぶ3大カレーの一つだったのに。てか、お店の人の感じもすごくよかったし、虎がオトナになってからも通えるだろうなってちょっと楽しみにしてたのに。

 青空が広がっているのに雷が鳴った。ビックリした。それが青天の霹靂。まさかあんなに繁盛しているお店が閉店してしまうとは、世の中、わからんもんです。

 でも、「え? まじで?」的なニュースはまだあって、「涼しくなってきたなあ、そろそろまた作るか」と思って出かけていった、これまたこのコラムで紹介したおでん種屋さんが消滅していたのである。(「金子達仁 我が家の『知らないほうが幸せなこと』参照)

 「キャセロール」の閉店もショックだったが、この「愛川屋」の閉店も目茶苦茶ショックだった。ミートミックスカレーはせいぜい一月に1回食べるか食べないかだが、以前にも書いたように、我が家の食卓におけるおでんはサッカーで言うところのペレであり、阪神タイガースで言うところのバース様であり、つまりは絶対に欠かせない献立の大黒柱なのである。

 幸い、ついに後継者の現れなかったペレやバース様と違い、「愛川屋」の代替店はすぐに見つかった。ネットで検索したところ、クルマで10分ほど行ったところにある商店街の中に、「小川屋」というおでん種専門店が明らかになったのである。早速出かけていってしこたま買い込んでみると、これがまた実に美味い。「愛川屋」にはなかった、ピリッと辛味の効いた種もあって、ま、ペレではないがマラドーナな感じなのである。

次ページから読める内容

  • え? もしかして、これって俺のせい?
  • 子どもは1人でも十分大変 「2人目」の夫婦にリスペクト
  • 小さなお姉ちゃんが第二子の指をニギって…… う、羨ましい

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。