電気スタンドがiPhoneの相棒になる!?

 最初に試してみたのは、株式会社PFUの「SnapLite」という製品。一見するとシンプルな電気スタンドのようですが、iPhoneをスキャナーに変身させてしまうデジタル化の強い味方ということで、到着を心待ちにしていました。価格はPFUの直販サイトで1万2800円です。

SnapLiteの外観。LEDタイプの電気スタンドと言われても違和感がない
SnapLiteの外観。LEDタイプの電気スタンドと言われても違和感がない

【アプリ情報(iOS)】
アプリ名:SnapLite
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/snaplite/id869133132?mt=8
価格:無料
カテゴリ:写真/ビデオ
互換性:iOS 6.0以上(iPadおよびAndroidには非対応)

アプリを起動すると、SnapLiteの上にiPhoneを載せたイラストが表示される
アプリを起動すると、SnapLiteの上にiPhoneを載せたイラストが表示される

 SnapLiteを使うには、無料の専用アプリ「SnapLite」をiPhoneにインストールします。アプリを起動すると、SnapLite最上部の平らなスペースへiPhoneを載せるようにとイラストおよび文章で指示されます。

iPhoneを置くだけで準備完了。とてもお手軽
iPhoneを置くだけで準備完了。とてもお手軽

 iPhoneを置くと、SnapLiteに内蔵されている補助光が点灯して、iPhoneの画面もカメラモードになりました。アプリを起動して上に置くだけで自動的に準備が整うのはとても手軽でうれしいポイントです。デジタル化するための準備に手間がかかるようでは、面倒臭くなってそのうち使わなくなりそうですからね。