皆さんこんにちは。家庭教師の西村則康です。
 新学期が始まって1カ月。中学受験を控えるお子さん達には、ますます大事な時期となってきました。今回は、受験に合格するお子さんのタイプについてお話ししましょう。

 受験で合格する子どもは、ズバリ、「成功の予感」を持っています。
 例えば、今合格の可能性が50パーセントだとしても、
「僕はできる子だから、がんばれば受かる」
と、自分を信じられる子どもは、受験に成功する確率がとても高いのです。反対に自信がなく、試験の前からなんと不合格になったときの言い訳まで考えているような子どももいて、そういう子は、残念ながら合格が難しい場合が多いです。

 では、どうしたら成功の予感を持った子どもになれるのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 「身体感覚」は五感を使った経験で培われる
  • 成功の予感がある子は、難問に取り組む力がある

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る